Reason / Selah Sue ('15)

今日はセラ・スーの2ndアルバムを聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
01.Alone
02.I Won't Go for More
03.Reason
04.Together (feat. Childish Gambino)
05.Alive
06.The Light
07.Fear Nothing
08.Daddy
09.Sadness
10.Feel
11.Right Where I Want you
12.Always Home
13.Falling Out
14.Gotta Make It Last (Bonus Track)
15.Stand Back (Bonus Track)
16.Direction (Bonus Track)
17.Alone (Acoustic Versions) (Bonus Track)

'11年のデビューアルバム「Selah Sue」がマイナー調なサウンドと独特のヴォーカルで”エイミー・ワインハウスの再来”と言われたベルギー出身のセラ・スー。

デビュー・シングルの"Raggamuffin"は母国ベルギーの他、オランダを始めとするヨーロッパで大ヒットしました('-')


この人気で次回作のリリースは早いかと思っていましたが4年振りの新作となりましたね。

プロデューサーにはジェシー・ワイアーやケンドリック・ラマー等と仕事をしているロビンソン・ハンニバルとスウェーデン出身のルドウィグ・ゴランソンを中心に、ドレイクやリル・ウェインのプロデュースをしたハドソン・モホーク、ジェイミー・リデルやネリー・ファータド等のリミックスを手掛けたサルヴァ(Salva)といったバラエティに富んだ人達と組んでいます。

先行シングルの"Alone"はホイットニー・ヒューストンが亡くなった'12年2月11日の夜に作った楽曲だそうです。


顔からは想像出来ないしゃがれたヴォーカルが特徴的なセラの良さを引き出してるタイトル・トラックの""は本作を代表する1曲だと思います。

この曲は"Reason on the Road"と題してパリ、ブリュッセル、チューリッヒで路上パフォーマンスした動画がアップされています。


この他、ギターをかき鳴らしながら歌うロック・テイストの"I Won't Go for More"、ラッパーのチャイルディッシュ・ガンビーノを迎え彼女にとって初のラヴ・ソングとなった"Together"、浮遊感のあるサウンドとハスキーなヴォーカルが幻想的な"Alive"、セラが好きなレゲエを取り入れた"Fear Nothing"等、バラエティに富んだ楽曲を堪能出来ます。



↓で全曲視聴できます。



今から購入するのであれば、デラックス盤の17曲+15曲の計32曲で1,600円という破格の値段でリリースされたiTunes盤がお得です。




スポンサーリンク


2 件のコメント :

  1. 初めて聴きました。いいですね~♪声質が好きです。アンディアロに部分的ですが少し似てるような・・サラ・スーいいです。

    返信削除
    返信
    1. アンディの雰囲気分かります(^-^)

      日本では知名度がイマイチな気がしますがUKではかなりの人気だと思います!

      削除