2012年12月27日

Girl On Fire / Alicia Keys ('12)

年末のドタバタで買ってたCDをゆっくり聴く暇がありませんでした(;゜д゜)

そんな中ですが今日は先日買ったアリシア・キーズの待望の新作「Girl On Fire」を聴いてます。

by カエレバ

曲名リスト
1. デ・ノヴォ・アダージョ (イントロ)
2. ブラン・ニュー・ミー
3. ホエン・イッツ・オール・オーヴァー
4. リッスン・トゥ・ユア・ハート
5. ニュー・デイ
6. ガール・オン・ファイア feat.ニッキー・ミナージュ
7. ファイア・ウィ・メイク
8. ティアーズ・オールウェイズ・ウィン
9. ノット・イーヴン・ザ・キング
10. ザッツ・ホエン・アイ・ニュー
11. リミテッドレス
12. ワン・シング
13. 101
14. ガール・オン・ファイア (Main Version) (国内盤ボーナス・トラック)
15. ガール・オン・ファイア (Bluelight Version) (国内盤ボーナス・トラック)

ジェイ・Zとの最強デュエット・ソング"Empire State Of Mind"が収録された「The Element of Freedom」から約3年振りの新作。
"Empire State Of Mind"が余りにもインパクトが有り過ぎて3年経った気がしません!

さて今作ですが、アリシア本人と夫スウィズ・ビーツそして前作から参加したジェフ・バスカーを筆頭に、ベイビーフェイス、ロドニー・ジャーキンス、ニッキー・ミナージュ等を手掛けたオーク&ポップ達が参加。
またソング・ライトも豪華で、ジョン・レジェンドやブルーノ・マーズ、夏に行われたロンドン五輪でのパフォーマンスも記憶に新しいエミリー・サンデー、そして来年開催のグラミーにノミネートされているフランク・オーシャン等が参加しています。

彼女のアルバムらしいピアノの弾き語り"De Novo Adagio"からスタート。
徐々に高揚していくエミリー・サンデーとの共作の2ndシングル"Brand New Me"、ワウの効いたヴォーカルと癖のある変則ビートが耳に残るジェイミー・スミスがプロデュースした"When It's All Over"、今や重鎮になりつつあるロドニー・ジャーキンスが手掛けた"Listen to Your Heart"、そしてスウィズ・ビーツらしい"New Day"と前半から良作が続きます。



中盤以降も強力で、既に先行シングルで耳馴染みの深いニッキー・ミナージュとのデュエット・ナンバーでタイトル・トラックの"Girl On Fire"、マックスウェルの渋いファルセットとアリシアのヴォーカルが絡み合うバラード・ナンバーの"Fire We Make"、古き良きR&Bを連想させる"Tears Always Win"、バラード作らせたら天下一品のベビーフェイスによる"That's When I Knew"、フランク・オーシャンがソングライトで参加し彼のアルバムを担当したマレイがプロデュースした"One Thing"もナカナカ良いです。



↑はアリシアのソロで↓はニッキーが参加したPVです。



↓蜷川実花さんが作ったMVも素敵です。


現時点では2曲がシングル・カットされてますが、このアルバムからもヒット・ナンバーが幾つも出そうですね(*'-')




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...