2012年3月7日

Eternal / The Isley Brothers ('01)

今日はアイズレー・ブラザーズのギタリスト、アーニー・アイズレーの60歳の誕生日(1952年3月7日)です。

'59年の"Shout"のヒット(結成は'56年)から現在に至るまで数々のヒットを生み出し、ATCQやコモン、ホイットニー、アリーヤ他数多くのカヴァーやサンプリング・ネタとして使われている等、アーティストに多大な影響を与えているソウル・グループ、アイズレー・ブラザーズ。

各時代毎に名盤があるので悩みましたが、今回は'01年の「エターナル」をご紹介。

EternalEternal
Isley Brothers

曲名リスト
1. Move Your Body
2. Contagious
3. Warm Summer Night
4. You Deserve Better
5. Just Like This
6. Secret Lover
7. You're All I Need
8. Settle Down
9. Eternal
10. If You Leave Me Now
11. Said Enough (featuring Jill Scott)
12. You Didn't See Me
13. Ernie's Jam
14. Think

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


'96年の「Mission To Please」以来5年振りの本作は、翌年'97年にマーヴィン・アイズレー(b)が糖尿病が悪化しグループを離脱し、Mr.ビッグスことロナルドと弟アーニーの2人になって最初の作品になります。
プロデューサーには彼らを支えたR.ケリーの他、ジャム&ルイス、ラファエル・サディーク、スティーヴ・ハフといった外部のプロデューサーを起用、ゲストにはシャンテ・ムーアやジル・スコット、アヴァントらが参加し話題性のある作品になっています。

R・サディークが手掛けたアーニーのカッコ良いギターとロナルドのファルセットが心地良いミディアム・ファンクの"Move Your Body"を筆頭に、R.ケリーが手掛けたメロウなソウル・ナンバーの"Contagious"、ロナルドの奥さんでもあるA・ウィンブッシュが担当し自らもコーラスで参加した耳馴染みの良いシックのカヴァー・ソング"Warm Summer Night"、S・ハフがプロデュースしアヴァントが作詞とバック・ヴォーカルを担当した"Secret Lover"もロナルドとのコンビネーションが絶妙な1曲です。





後半は、お互い仕事をしたいと願っていたジャム&ルイスのプロデュースで2人も楽器を演奏したメロウなナンバー"You're All I Need"を始め、J&Lらしい煌きのあり流麗なスロー・テンポのタイトル・トラック"Eternal"、シカゴのカヴァーを原曲とはまた違ったアレンジで歌い上げる"If You Leave Me Now"、ジル・スコットの囁くようなハスキー・ヴォイスがロナルドのヴォーカルを際立たせている"Said Enough"、そしてラストには故C・メイフィールドの名盤「Superfly」('72)に収録されていたインスト・ナンバーにロナルドが歌詞を付けたトリビュート・ソングの"Think"とラストまで楽しめる作品になっています。





プロデューサーが多いと全体として纏まり難い印象になりがちですが、アイズレーをリスペクトしたプロデューサーやゲストなので、そういった意味でアイズレーに合うサウンド作りがされています。
またロナルドのヴォーカル、アーニーのギター・テクニックも円熟の香りがし、正にベテランならではのアルバムと言えます。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...