2015年4月1日

What's Going On / Marvin Gaye ('71)

今日はマーヴィン・ゲイの命日(1984年4月1日)、そして明日2日は誕生日(1939年4月2日)なので「What's Going On」を引っ張り出してきました('-')

by カエレバ

曲リスト
01.What's Going On
02.What's Happening Brother
03.Flyin' High (In The Friendly Sky)
04.Save the Children
05.God Is Love
06.Mercy Mercy Me (The Ecology)
07.Right On
08.Wholy Holy
09.Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)
10.God Is Love (Bonus Track)
11.Sad Tomorrows (Bonus Track)

セルフ・プロデュースで作った本作は、当時アメリカが抱えていたベトナム戦争や貧困等の問題をストレートに表現したにも関わらず、商業的にもマーヴィンにとって初のビルボードTOP10(6位)にランクインした代表作。
この事で多くのブラック・ミュージックに影響を与えたアルバムですね。


"What's Going On"イントロ部の雑踏音からホーンに繋がる部分とかゾクゾクしてきます!



"Mercy Mercy Me (The Ecology)"も"What's Going On"と並んで有名な曲でCMでも定期的に使われますね(*'-')



ラストの"Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)"まで聴くと満足感で一杯になります。



久々に聴きましたがいつ聴いても飽きないアルバムですね~('∇')


このアルバム、名盤が故に何度もリマスターやボーナス・トラックを追加して再販されます。

取り敢えず聴きたい方は上の輸入盤リマスターが安価でオススメですね。
歌詞が欲しい方は↓の日本盤がオススメです。こちらは6曲のボーナス・トラックが追加されてます。

by カエレバ


ちなみに私が持ってるのは'01年にリリースされた2CDのデラックス・エディションです。
内容は19曲+16曲の2枚組になってます。

by カエレバ

こちらは現在CDが中古でしかリリースされてなく、ダウンロード版も同曲収録なのでオススメです。

What's Going On (Deluxe)
What's Going On (Deluxe)
posted with amazlet at 15.04.01
Universal Music LLC (2007-06-07)
売り上げランキング: 14,094

ちなみにダウンロード版はamazon(2、600円)より1,000円も安いiTunesの方がリーズナブルです(*'-')





”折角買うなら一番良いヤツ!”って事なら'11年にリリースされた40周年記念のスーパー・デラックス・エディションですね。

by カエレバ

こちらは内容は19曲+16曲の2枚組+アナログ盤+豪華ブックレット同梱仕様です。
まぁ当然7,964円と高いですけどね~(´・ω・`)


2 件のコメント:

  1. 名盤の中の名盤ですね。定期的に体が欲してくる一枚です。コレを聴きそのままDonny Hathaway Liveに続きます。

    ロビン・シックの“Blurred Lines”がマーヴィンの“Got To Give It Up”の著作権を侵害と判決が下りましたが、なかなか難しい問題ですねぇ。 

    返信削除
    返信
    1. マーヴィンからのダニーの流れ判ります!!

      “Blurred Lines”問題は今後多くのアーティストの創作意欲を欠く判決だと思います。

      世の中には”○○っぽい曲”は山の様にある訳で、これをパクりと言うかリスペクトと言うかで別モノになっちゃいますね。

      個人的にはセクハラされた側と同じ感じで”誰にされたか”が問題なんだと思います。
      後、マーヴィン・ゲイ一家の寛容さが足りなさ過ぎですね。

      この騒動でマーヴィンのアルバムが売れてるらしく、結果的にマーヴィン・ゲイ一家は大儲け・・・(´・ω・`)

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...