A Kind Revolution / Paul Weller ('17)

今日はポール・ウェラーの新作を聴いています('-')




曲リスト
Disc 1
01.Woo Sé Mama
02.Nova
03.Long Long Road
04.She Moves with the Fayre
05.The Cranes are Back
06.Hopper
07.New York
08.One Tear
09.Satellite Kid
10.The Impossible Idea

Disc 2
01.Woo Sé Mama (Instrumental)
02.Nova (Instrumental)
03.Long Long Road (Instrumental)
04.She Moves with the Fayre (Instrumental)
05.The Cranes are Back (Instrumental)
06.Hopper (Instrumental)
07.New York (Instrumental)
08.One Tear (Instrumental)
09.Satellite Kid (Instrumental)
10.The Impossible Idea (Instrumental)

Disc 3
1.Alpha
.She Moves with the Fayre (Villagers Remix)
3.New York (Nightwatch) [Prof. Kybert Remix]
4.Nova (Toy Remix)
5.One Tear (Club Cut) [Prof. Kybert Remix]
6.Hopper (White Label Remix)
7.Satellite Kid (Syd Arthur Remix)
8.She Moves with the Fayre (Breakdown Instrumental) [Prof. Kybert Remix]
9.Woo Sé Mama (E & TC Remix)

ザ・ジャムとしてデビューしたIn The Cityから40年、ソロ・デビュー・アルバムPaul Wellerから25年とポール・ウェラーにとって節目となる2017年。
(ちなみにスタイル・カウンシルのデビュー・アルバムからだろ34年)

前作Saturns Patternから2年振りとなる本作のプロデュースはポールと盟友ジャン・“スタン”・カイバートが担当。
メンバーもオーシャン・カラー・シーンからギターのスティーヴ・クレイドック(Steve Cradock)を始め、ザ・ムーンズからギターのアンディー・クロフツ(Andy Crofts)、ドラムのベン・ゴーデリアー(Ben Gordelier)、ヴォーカルのスティーヴ・ピルグリム(Steve Pilgrim)と盤石なメンバーですね('∇')

ゲストには前作でも参加したザ・ストライプスのジョシュ・マクローリーの他、ボーイ・ジョージ、そしてマデリン・ベルPPアーノルドといった大御所まで参加しています!

先行シングルでスペイシーなロック・サウンドの"NOVA"にはちょっと意表をつかれました!


2曲目に発表されたのはピアノの弾き語りで歌う"どストレート"のラブ・ソングとなる"Long Long Road"、この緩急の使い分けが心憎いですね!


この他、前述のマデリン・ベルとPPアーノルドをコーラスに従えたファンキーな"Woo Se Mama"、ソウフルルなサウンドをバックに時折シャウトするポールのヴォーカルがかっこいい"The Cranes are Back"、80年代のUKサウンドを牽引したボーイ・ジョージとの夢のデュエット・ナンバー"One Tear"、そしたラストはボウイの"Five Years"の雰囲気を醸し出す"The Impossible Idea"で幕を閉じます。

↓は先日行われた番組で"Woo Se Mama""Long Long Road""The Cranes Are Back"の3曲を披露。

前作は9曲、今作は10曲と他のアーティストに比べるとチョッピリ物足りない感じがしますが、聴けば曲数なんて関係なと思わせる内容です。

加えて今作のデラックス盤は3枚組で、2枚目はオリジナルの曲順通りのインストゥルメンタル盤、3枚目はリミックス&未収録曲とお腹一杯の内容です('∇')


↓はアルバムのメイキングとインタビュー動画です。

カーティス・メイフィールドやボウイのイラストが飾られたスタジオで、レコーディング風景がカッコイイ!!

それにしてもポール・ウェラーの充実振りはホント凄いですね!
ブリティッシュ・ロックに大きな影響を与える存在としてこれからも頑張って欲しいです('∇')

【オマケ】
アルバムに合わせて↓のサイトで好きな言葉を入れることが出来るロゴジェネレーターがありました。

Paul Weller - Cover Photo Generator


 【日本盤について】
5月31日にリリースされる日本盤にはディスク1の10曲+デラックス盤に収録された"Alfa""She Moves with the Fayre (Villagers Remix)""Satellite Kid (Syd Arthur Remix)"がボーナス・トラックとして収録されています。


但し、iTunesには上記3曲は収録されていません。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿