2011年10月19日

Duets II / Tony Bennett (’11)

ここ数日、プログラムの制作が忙しくてblogを書く暇がありませんでした^^;

そんな状況だったので買い物にも行けず、やっと昨日予約してたCDを取りに行く事が出来ました。

by カエレバ

曲名リスト
1. ザ・レディ・イズ・ア・トランプ (duet with レディー・ガガ)
2. ワン・フォー・マイ・ベイビー (duet with ジョン・メイヤー)
3. ボディ・アンド・ソウル (duet with エイミー・ワインハウス)
4. ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニーモア (duet with マイケル・ブーブレ)
5. ブルー・ヴェルヴェット (duet with k.d.ラング)
6. ハウ・ドゥー・ユー・キープ・ザ・ミュージック・プレイング (duet with アレサ・フランクリン)
7. ザ・ガール・アイ・ラヴ (duet with シェリル・クロウ)
8. オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート (duet with ウィリー・ネルソン)
9. フー・キャン・アイ・ターン・トゥ (duet with クイーン・ラティファ)
10. スピーク・ロウ (duet with ノラ・ジョーンズ)
11. ディス・イズ・オール・アイ・アスク (duet with ジョシュ・グローバン)
12. ウォッチ・ホワット・ハプンズ (duet with ナタリー・コール)
13. ストレンジャー・イン・パラダイス (duet with アンドレア・ボチェッリ)
14. 今宵の君は (duet with フェイス・ヒル)
15. イエスタディ・アイ・ハード・ザ・レイン (duet with アレハンドロ・サンス)
16. イット・ハッド・トゥ・ビー・ユー (duet with キャリー・アンダーウッド)
17. ホエン・ドゥ・ザ・ベルズ・リング・フォー・ミー (duet with マライア・キャリー)
18. 星に願いを (duet with ジャッキー・エヴァンコ) (日本盤のみのボーナス・トラック)
19. 霧のサンフランシスコ (duet with ジュディ・ガーランド) (日本盤のみのボーナス・トラック)

1. Introduction
2. Recording with Norah Jones and Josh Groban
3. Recording with Willie Nelson,k.d.lang,Carrie Underwood
4. Duet with Andrea Bocelli
5. Duet with Alejandro Sanz
6. Duet with John Mayer
7. Duet with Michael Buble
8. Recording with Queen Latifah
9. Credits

9月28日、60年のキャリアで初めてビルボードのアルバムチャートで首位を獲得。
モチロン85歳での初の首位獲得は、現役アーティストとしては史上最高齢となる等、既に大ヒットですねー

出てたのは知ってて早く聴きたかったので仕事しながら聴き始めたのですが予想以上にいいですねー!!

こういうアメリカン・スタンダード・ナンバーって心が和んだりワクワクしたり・・・ホント聴いてて気持ちがいいです(*´д`*)

エイミーが亡くなる1カ月前にレコーディングした"Body And Soul"やレディー・ガガとの"The Lady Is A Tramp"がやはり話題性はありますが、それも含めてアルバム全体が素晴らしいです。



共演者は皆トニーに敬意を払い、それぞれのシンガーが楽しそうなのが伝わってきます。

色々書きたい楽曲があるけれど、やはりアレサ・フランクリンと歌った"How Do You Keep The Music Playing"は別格ですねー!
あの音圧は圧巻です(;゜д゜)

男性だとアンドレア・ボッチェリの"Stranger In Paradise"とマイケル・ブーブレとの"Don't Get Around Much Anymore"が好みです。





日本盤には、ジャッキー・エヴァンコと映画『ピノキオ』でお馴染みの"When You Wish Upon A Star"、そして'63年にデュエットしたジュディー・ガーランドとの貴重なデュエット曲"I Left My Heart In San Francisco"が収録されています。

まだ時間が取れないのでボーナスDVDを見る暇がないのですが、これも早く見たいなー!




1作目の「Duets」もこれに負けない位の良い作品なので、興味がある方はこちらも是非聞いてみて下さい。

by カエレバ

曲名リスト
1. ブロードウェイの子守歌(ディクシー・チックス)
2. スマイル(バーブラ・ストライサンド&ピンカス・ズーカーマン)
3. プット・オン・ア・ハッピー・フェイス(ジェイムス・テイラー)
4. ザ・ヴェリー・ソート・オブ・ユー(ポール・マッカートニー)
5. いそしぎ(フアネス)
6. ラグス・トゥ・リッチズ(エルトン・ジョン)
7. ザ・グッド・ライフ(ビリー・ジョエル)
8. コールド、コールド・ハート(ティム・マッグロウ)
9. イフ・アイ・ルールド・ザ・ワールド(セリーヌ・ディオン)
10. ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ・カム(ダイアナ・クラール)
11. フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ(スティーヴィー・ワンダー)
12. アー・ユー・ハヴィン・エニー・ファン?(エルヴィス・コステロ)
13. ビコーズ・オブ・ユー(k.d.ラング&クリス・ボッティ)
14. ジャスト・イン・タイム(マイケル・ブーブレ)
15. ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス(スティング)
16. アイ・ワナ・ビー・アラウンド(ボノ)
17. シング・ユー・シナーズ(ジョン・レジェンド)
18. 霧のサンフランシスコ(ソロ)
19. ハウ・ドゥ・ユー・キープ・ザ・ミュージック・プレイング?(ジョージ・マイケル)
20. イフ・アイ・ルールド・ザ・ワールド(ワン・リーホン) ※アジア用ボーナストラック


2 件のコメント:

  1. このアルバム欲しい!

    返信削除
    返信
    1. このアルバム良いですよ!
      確かこの年のグラミー賞も受賞したアルバムです(*'-')

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...