May 19 1992 / Ingrid Chavez (’91)

フォロワーさんと話をしてて”プリンス・ファミリー”の話題になりました。
ここで言う”ファミリー”は家族ではなく仲間の方です(*'-')

このファミリーの”境界線”ってファンによって違うという話です。

私の中での”ファミリーの境界線”は

  1. プリンスが育ったミネアポリスの同郷
  2. ペイズリー・パーク、NPGレコードのアーティスト
  3. プリンスがプロデュースに関与(但しアルバムの半数程度を担当)
  4. プリンスのライブやレコーディングに複数回参加している
  5. プリンス主演映画に出ている。


こんな感じです。

これに入ってても微妙に”ん~ファミリーと言っていいのか?”ってアーティストもたまにいます。
それが今回紹介するイングリット・シャヴェイズです。


Ingrid ChavezIngrid Chavez
Ingrid Chavez

曲名リスト
1. Heaven Must Be Near
2. Hippy Blood
3. Conole Dance
4. Elephant Box
5. Slappy Dappy
6. Little Mama
7. Jadestone
8. Wintersong
9. Spiritual Storm
10. Sad Puppet Dance
11. Whipering Dandelions

Amazonで詳しく見る by G-Tools


彼女は、ペイズリー・パーク・レーベルからリリース(2)、アルバムでも11曲中6曲程ペイズリー・パーク名義でプロデュース(3)され、「Lovesexy」の冒頭のセリフで参加(4)、そして映画『グラフィティ・ブリッジ』のヒロイン(5)と、同郷以外は見事にクリア!!

しかし、何故か”ファミリーです!”と声を大にして言えない部分があります。

'86年にミネアポリスでバイトしながらオーディションを受けている中でプリンスと出会い、前述の「Lovesexy」('88)のレコーディングに参加する辺りからプリンスに気に入られ、『パープルレイン』の続編映画『グラフィティ・ブリッジ』のヒロインに抜擢と『パープル・レイン』のアポロニアの様な感じで一躍注目を浴びるかと思いきや、映画は大コケしてしまいました(´・ω・`)

本作は映画の最中位から制作に入り、翌91年にリリースされたものです。
クレジット上はプリンスが明確に関与した事は明記されてないものの、リーヴァイ・シーサー,Jr.とペイズリー・パーク名義で参加しています。

アンビエント系のサウンドに「Lovesexy」でも囁いてた"Clap Your Hands, stomp your feet"のフレーズを使用した"Heaven Must Be Near"、90年代のプリンスが好んだソリッドなリズムに乗せて呟く"Elephant Box"、前曲よりもスピード感がアップした"Slappy Dappy"、歌というよりは会話みたいな感じのインタールード的な"Jadestone"と最後を締めくくる"Whispering Dandelions"の5曲がペイズリー・パーク名義です。
これとは別に"Sad Puppet Dance"をリーヴァイが単独プロデュースで担当しています。





前述のファミリー感がない最大の要因は、プリンス”らしさ”とは無縁の打ち込み系サウンドと歌というよりは詩を語るスポークン・ワードのヴォーカルで構成されているのが原因だと思います。

敢えてスポークン・ワードにしたのは、プリンスが余程彼女の話し方が好きだたのか、単にヴォーカリストとしての素質が見出せなかったのか・・・
ただ、彼女自身もプロデュ-スに参加している事から、こういう歌い方が好きな様です。
それは後にレニーと共作したと言われるマドンナの”Justify My Love”からも伺えます。
(但し、この曲自体にはレニーと共作とクレジットされなかった為に裁判を起こしてます)

ちなみに90年代の彼女は劇的で、プリンスやレニー・クラヴィッツと良い仲になった後、坂本龍一経由でJAPANのディヴィッド・シルヴィアンと結婚('05年に離婚)と大物を渡り歩いています。




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿