2012年2月6日

Whenever You Need Somebody /Rick Astley ('87)

今日はボブ・マーリー(1945)、ナタリー・コール(1950)、リック・アストリー(1966)、GNRのアクセル・ローズ(1962)の誕生日でビーチ・ボーイズのカール・ウィルソンの命日(1946-1998)ち書きたい人の記念日が多い日です。

そんなに書く事は無理なので、昨日のボビー・ブラウンが活躍した同年に人気を博していたリック・アストリーのデビュー・アルバム「ホエネヴァー・ユー・ニード・サムバディ」を紹介しておきます。

Whenever You Need Somebody
Rick Astley

Whenever You Need Somebody

曲名リスト
1. Never Gonna Give You Up 3.32
2. Whenever You Need Somebody 3:57
3. Together Forever 3:29
4. It Would Take A Strong Strong Man 3:45
5. The Love Has Gone 4:21
6. Don't Say Goodbye 4:12
7. Slipping Away 3:56
8. No More Looking for Love 3:12
9. You Move Me 3:43
10. When I Fall in Love 3.01BONUS TRACKS
11. When You Gonna [7" version] [Rick & Lisa] 3:28
12. Just Good Friends 3.45
13. I'll Never Set You Free 3:30
14. When You Gonna [12" version] [Rick & Lisa] 7.40
15. Never Gonna Give You Up [Cake Mix] 5.48
16. Whenever You Need Somebody [Lonely Hearts mix] 7.33
17. Together Forever [Lover's Leap Extended Remix]* 7:00

1. Whenever You Need Somebody [7'' Mix] 3:27
2. Together Forever [Lover's Leap Remix] 3:20
3. When You Gonna [Borough Anarchy Mix] [Rick & Lisa] 7:53
4. Never Gonna Give You Up [Escape From Newton Mix] 6.25
5. Whenever You Need Somebody [Rick Sets It Off Mix] 7.57
6. Together Forever [House Of Love Mix] 6.50
7. It Would Take A Strong Strong Man [Matt's Jazzy Guitar Mix] 7:46
8. When You Gonna [Home Boy Dub Mix] [Rick & Lisa] 5:48
9. Never Gonna Give You Up [Escape To New York Mix] 7.00
10. Whenever You Need Somebody [XK150 Mix] 3.50
11. When You Gonna [Bonus Beats Mix] [Rick & Lisa] 4:45
12. Never Gonna Give You Up [instrumental] 6.19
13. Whenever You Need Somebody [instrumental] 3.52
14. It Would Take A Strong, Strong Man [instrumental] 3:39

Amazonで詳しく見る by G-Tools

テディ・ライリー達が作った”ニュー・ジャック・スウィング”と同時期、イギリスではシンセサイザーを使ったユーロビートが全盛期でした。
中でもPWLのストック、エイトキン&ウォーターマン達がプロデュースしたカイリー・ミノーグ、バナナラマ、デッド・オア・アライブ等が大人気でした。

そんな中、'87年にデビューしたのがリック・アストリーでした。
PWL独特のユーロビートとキュートな顔立ちからは想像出来ないソウルフルなリックの歌声のアンバランス感がとても新鮮だったのを覚えています。

アルバムに収録されていた"Never Gonna Give You Up"、"Together Forever"、"Whenever You Need Somebody"はどれもヒットし、これもディスコでガンガン流れてました。







ちょっぴりヘタっぴなダンスのPVも印象的でした(*^-^*)

個人的にはラストに収録されてた"When I Fall In Love"のカヴァーが印象的でした。
彼のソウルフルなヴォーカルがとても生きたカヴァー・ソングで、本来はブルー・アイド・ソウルを目指していたのが判る1曲ですね。

昨日・今日と80Sのアルバムばっかり聴いていて、当時にタイム・スリップしそうです('∇')


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...