2013年11月8日

路上パフォーマンスしている所にジミー・ソマーヴィル登場!

今日見たニュースで感動したのは下の記事。

奇跡のご本人登場! 街なかで歌っていたらその曲の歌手が通りかかって一緒に歌ってくれたでござる♪

ドイツの首都ベルリンの街でギター片手に歌を披露するストリートミュージシャンの男性。
'84年にヒットしたブロンスキー・ビートの"Smalltown Boy"を歌ってると、突然、犬を連れた男性が近寄って歌い出します。
面喰ったストリートミュージシャンが顔を見てビックリ!なんと隣で歌ってるのはブロンスキー・ビートのヴォーカリスト、ジミー・ソーマヴィル本人!!(;゜0゜)

偶然の出来事を撮った動画が↓のヤツです。



↓はオリジナル



自分の歌を歌ってるというミュージシャンに寄り添って歌ってあげるなんて本当に優しいですね~
逆に、このストリートミュージシャンは今後もここで歌うんじゃないでしょうね!!('∇')

ジミー・ソマーヴィルと言えば、ブロンスキー・ビート、コミュナーズ、ソロとそれぞれにヒットさせてますよね(*'-')


by カエレバ

曲名リスト
1. Smalltown Boy - Bronski Beat
2. Dont Leave Me This Way - The Communards
3. Aint Necessarily So - Bronski Beat
4. Never Can Say Goodbye - The Communards
5. You Are My World - The Communards
6. Theres More To Love (Than By Meets Girl) - The Communards
7. Why - Bronski Beat
8. You Make Me Feel (Mighty Real) - Jimmy Somerville
9. Read My Lips (Enough Is Enough) - Jimmy Somerville
10. Hurt So Good - Jimmy Somerville
11. Comment Te Dire Adieu - Jimmy Somerville
12. To Love Somebody - Jimmy Somerville
13. For A Friend - Th Communards
14. I Feel Love Johnny Remember Me - Bronski Beat And Marc Almon
15. So Cold The Night - The Communards
16. Tomorrow - The Communards
17. Disenchanted - The Communards
18. Smalltown Boy (12 Inch Version)
19. You Are My World (12 Inch Remix)
20. Dont Leave Me This Way Sanctify (Gotham City Mix)
21. Theres More To Love (Than Boy Meets Girl) (12 Inch Remix)
22. Why (12 Inch Version)
23. Tomorrow (Extended 12 Inch Remix)
24. Comment Te Dire Adieu (12 Inch Remix)
25. Disenchanted (12 Inch Remix)
26. You Make Me Feel (Mighty Real) - William Orbit Remix
27. Never Can Say Goodbye (Shep Pettibbone Extended Remix)



メンバーそれぞれがゲイという事もあって同性愛への悲哀を歌った"Smalltown Boy"を筆頭に、当時のイギリスの政策への抗議と言える"WHY"といったメッセージ性の強い楽曲も多かったですね。



ジミーの哀愁のあるファルセットは大好きでコミュナーズの"Never Can Say Goodbye"とか当時ディスコで良く流れて懐かしい1曲です(*'-')



残念なのはジミー脱退後に売れた"Hit That Perfect Beat"が収録されてるベストって見つからないですねぇ(´・ω・`)




まぁ私は上のアルバム+αで"Hit That Perfect Beat"を加えて聴いてます(*'-')b

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...