2013年12月11日

Purple Snow: Forecasting the Minneapolis Sound ('13)

年末にかけていくつかBOXやコンピ盤を買いましたが、一番本命のCDが届きました!!ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ


曲名リスト
1. 94 East - If You See Me
2. Aura - Taste Of Love
3. Herman Jones - I Love You
4. Orville Shannon - Oh Lover
5. Mind & Matter - I’m Under Your Spell
6. Haze - Waiting For The Moment
7. Prophets Of Peace - Get It On
8. Cohesion - Expense
9. Mind & Matter - Sunshine Lady
10. The Lewis Connection - Higher
11. Flyte Tyme - It’s The Things That You Do
12. Herman Jones - Ladie
13. Michael A. Dixon and J.O.Y. - You’re All I Need
14. Music, Love & Funk - Stone Lover
15. Cohesion - Cohesion
16. Haze - I Do Love My Lady
17. The Lewis Connection - Got To Be Something Here
18. Walter Lewis & the Blue Stars - I Have Love at Home
19. Flyte Tyme - I’ve Got You On My Mind
20. Quiet Storm - Can You Deal With It
21. Steven - Quick
22. The Stylle Band - If You Love Me
23. The Girls - I’ve Got My Eyes On You
24. Sue Ann Carwell - Should I Or Should I Not?
25. Alexander O’Neal - Do You Dare
26. Ronnie Robbins - Contagious
27. Alexander O’Neal - Borrowed Time
28. Orville Shannon - One Life To Live
29. André Cymone - Somebody Said
30. Walter Lewis &the Blue Stars - Do It Baby Do It
31. Rockie Robbins - Together
32. Mind & Matter - No One Else Can Do It To Me Baby


米NUMEROがリリースしたコンピ盤は、70年代後半から80年代初頭にかけて集められたミネアポリス・サウンドのアルバムです。
ミネアポリス=プリンスというイメージが強いですが、本コンピ盤を聴けば、プリンスがどの様な地で生まれたかがよく判ります。

プリンスが以前在籍してた事でも有名な94 Eastやザ・ルイス・コネクションを筆頭に、ザ・タイムの前身となるフライトタイム、その中のメンバーだったジャム&ルイスがフライトタイムより前に在籍していたマインド&マター、ザ・タイムになる際に解雇され後にブレイクするアレクサンダー・オニール、プリンスの盟友アンドレ・シモーンやスー・アン・カーウェル等、プリンス関連アーティストのメジャーになる前の楽曲が次々と収録されています。

彼ら以外にも、ヘイズやモーリス・ウイルソン等の貴重な音源が色々収録され、改めて当時のミネポリス・サウンドの基盤を体感する事が出来ます('-')

↓の紹介動画を見るだけでもテンションが上がってしまいます!!



ちなみに、このCDは2枚組ですが150ページ近くの分厚いブックレットが付いています。
英文なのでじっくり堪能する事で出来ませんが、一部のアーティストですが高校の卒業や当時の演奏風景なんかが掲載されてて楽しいです('∇')





またこのコンピ盤と同時期にリリースされたのが前述のジャム&ルイスのジミー・ジャムがフライトタイムより前に在籍していたマインド&マターの音源を集めたコンピ盤です。
当時のジミーは高校生だったので彼ら独特のサウンドをここで聴く事は出来ませんが、彼らの基礎がここから生まれてると思うと感慨深いものがあります。



曲名リスト
1. No One Else Can Do It To Me Baby
2. The Wonder Of It All
3. My Love Is Like a Fire
4. I Don’t Know Why (I Love You Like I Do)
5. Disco Child
6. When You’re Touching Me
7. Would Be MIne
8. Virgin Lady
9. Now That I Don’t Have You (CD Bonus)


Amazonで詳しく見る by G-Tools

ミネアポリス・サウンドと言えば、以前ヴィヴィド・サウンドからリリースされた「ツイン・シティ・ファンク&ソウル」もオススメです。



曲名リスト
1. The Valdons - All Day Long
2. Maurice McKinnies & The Champions - Sock-A-Poo-Poo ’69 (Part 1)
3. Jackie Harris & The Champions - Work Your Flapper (Part 1)
4. Mojo And His “Chi 4” - She’s A Whole Lot’s A Woman
5. Dave Brady And The Stars - Ridin’ High
6. Wee Willie Walker - I Ain’t Gonna Cheat on You No More
7. Wanda Davis - Save Me
8. Jackie Harris & The Exciters - Get Funky, Sweet a Little Bit
9. Wee Willie Walker - There Goes My Used to Be
10. Wanda Davis - Take Care
11. Maurice McKinnies & The Champions - Sweet Smell Of Perfume
12. Dave Brady And The Stars - Baby, Baby I Need You
13. The Valdons - Love Me, Leave Me
14. Willie and The Bumblebees - Dipstick
15. Morris Wilson - Rusty McDusty
16. Band of Thieves - Thieves In The Funkhouse
17. Prophets of Peace - You Can Be
18. Morris Wilson - Saxophone Disco
19. Willie and The Bumblebees - Honey From The Bee
20. Prophets of Peace - The Maxx
21. The Lewis Conection - Get Up


本アルバムを揃えれば、当時のミネアポリス・サウンドをさらに楽しめるかと思います(*'-')
ちなみに、これは日本盤なので各アーティストの概要を知る事が出来ますよ。





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...