2014年9月13日

Rural Renewal / The Crusaders ('02)

キーボード奏者のジョー・サンプルが2014年9月12日(享年75歳)が亡くなったそうです。

訃報の情報はジョーの親友でもあるレイ・パーカーがSNSで書き、本人に確認されたそうです。

詳しくは音楽評論家の吉岡正晴さんのブログに記載されています。

●速報。訃報。ジョー・サンプル死去|吉岡正晴のソウル・サーチン



ジョー・サンプルを知ったのは中学生の頃にクルセーダーズの曲をラジオで聴いたのが最初でした。



その後もソロ・プロジェクトやレイラ・ハサウェイ、ランディ・クロフォード等とのデュエット・アルバムも聴きましたが、一番嬉しかったのは'02年にリリースされた「ルーラル・リニューアル」でした('-')

ルーラル・リニューアルルーラル・リニューアル
クルセイダーズ

曲名リスト
1. ルーラル・リニューアル
2. クリーピン
3. ハートランド
4. ヒーリン・カミング・オン
5. シング・ア・ソング
6. ショットガン・ハウス・グルーヴ
7. ザ・テリトリー
8. 脂だらけのスプーン (Part2)
9. ヴィヴァ・デ・ファンク
10. レイジー・サンデーズ
11. ゴーイン・ホーム
12. カンサス・シティ・ステイト・オブ・マインド
13. アサネガ

Amazonで詳しく見る by G-Tools


本作は、「Healing The Wounds」('91)を最後に事実上の解散をしていたクルセイダーズが、結成当時のジョー・サンプル(key)、ウィルトン・フェルダー(Sax)、スティックス・フーパー(ds)のオリジナル・メンバー3人が10年以上の期間を空けて再結成したアルバムです。

ゲストにはアーサー・アダムス(G)やディーン・パークス(G)、レニー・カストロ(Perc)を始め、ダニー・マクルーキン(Vo)、スティーヴ・バクスター(Tb)、レイ・パーカーJr.(G)、そしてエリック・クラプトン(G)等豪華な面子が再結成に華を添えています。

ジョーの流麗な音色とスティックスのしっとりとしたドラム、そしてゲストのクラプトンによるブルージーなギターやウィルトンのサックス等が融合していくタイトル・トラックの"Rural Renewal"は年輪から出る落ち着いた中に初期の作品をで思わせるナンバーです。



他にもウィルトンとバクスターによる管楽器コンビを全面にフューチャーした"Heartland"、ウィルトンのファンキーなサックスやジョーのソロ・パートがクールな"The Territory"、ジョーのソロ作に収録されてた同曲をクルセイダーズ版にリメイクした"Viva De Funk"等、3人の個性が調和された曲が数多く収録されています。



また"Sing A Song"とサウンズ・オブ・ブラックネスを迎えたゴージャスな"Healin' Coming On"の2曲で歌ったゴスペル・シンガーのダニーの骨太いヴォーカルも全体のアクセントとしていい味を出してます。



全盛期の頃の泥臭さの様なものはありませんが、醸しだされる余裕が安心して聴ける内容になっていました。
欲を言えば、ウェイン・ヘンダーソンも参加して欲しかったですね。


改めてご冥福をお祈りします。



Song Lives on
Song Lives on
posted with amazlet at 14.09.13
Joe Sample Lalah Hathaway
Pra Records (2008-04-29)
売り上げランキング: 28,331




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...