2014年11月23日

Jarrod Lawson / Jarrod Lawson ('14)

デビュー・アルバムのリリース直後は人気が判らないから輸入盤のみ。
海外での評価が高まった頃に日本盤が出るってケースありますよね?!

今聴いてるジャロッド・ローソンも正にそのパターン。

Jarrod Lawson Music

自主制作したアルバムがUKのソウル・レコード・ショップが見つけて紹介。
一気に火が付いた事で正式にアルバムをリリースしたという経緯を持つジャロッド・ローソンのデビュー・アルバムです。

by カエレバ
曲リスト
 1.Music and Its Magical Way
 2.Sleepwalkers
 3.He's There
 4.Walk in the Park
 5.All That Surrounds
 6.Think About Why
 7.Redemption
 8.Spiritual Eyes
 9.Together We'll Stand
10.Needed
11.Everything I Need
12.Gotta Keep





どこか和風なジャケット、この顔から想像のつかない"Gotta Keep"や"Think About Why"、"Sleepwalkers"等の音源を聴いてスグ買ったのですが、11月5日に日本盤がリリースされました(´・ω・`)

私は↓の輸入盤のジャケットが目に止まったんですが、もし先に↑の日本盤見たら引っ掛からなかったと思います。

by カエレバ

先日行われたライブのフル動画があったので貼っておきます('-')

Jarrod Lawson at Ronnie Scott's Jazz Club (11/10/2014)



ジャレッドのyoutubeチャンネルにはプリンスの"KISS"をカヴァーしてる動画がありました。



オリジナルを崩した独特なサウンドは新解釈という感じで良いですね(*'-')


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...