2015年5月21日

Saturns Pattern / Paul Weller ('15)

今日は3年振りにリリースされたポール・ウェラーの新譜を聴いています('-')


曲リスト
01.White Sky
02.Saturns Pattern
03.Going My Way
04.Long Time
05.Pick It Up
06.I'm Where I Should Be
07.Phoenix
08.In The Car...
09.These City Streets
10.I Work In The Clouds (日本盤ボーナス・トラック)
11.Praise If You Wanna (日本盤ボーナス・トラック)

通算12作目の本作はParlophone移籍第一弾という事で・・・

「今まで俺が発表してきたどの作品よりもベストな出来だと思う…、ここまで出来たことに、俺自身すごく喜んでいるんだ」(本人談)

・・・と相当充実してる様ですね('-')

参加ミュージシャンはオーシャン・カラー・シーンのスティーヴ・クラドック達、過去のアルバムやツアー・メンバーの他に、ジョシュ・マクローリー(ザ・ストライプス)やザ・ジャム結成当時のメンバーだったギタリストのスティーヴ・ブルックス等がゲスト参加しています('-')

相変わらずポールの周りには慕ってくるアーティストが後を絶たないですね~!

↓アルバムのメイキング映像


先行シングルの"White Sky"はオートチューンを使った楽曲で最初違和感を感じたけど、聴いていくうちにノイジーなサウンドと声のバランスが病みつきになりますね(*'-')


"Long Time"はデヴィッド・ボウイが歌っても違和感なさげなグラム・ロックっぽい1曲で個人的には一番のお気に入りです('∇')



先日放送された英BBC Radio 2の番組『Radio 2 In Concert』でプレイしたタイトル・トラックの"Saturn's Pattern"はピアノの弾き語りながらポールらしいロックな1曲。


このライブの音源はオフィシャル・サイトで公開されています。
▶ BBC Radio 2 - Radio 2 In Concert, Paul Weller


この他、ビートルズ・ライクな"Going My Way"や浮遊感が心地良い"I'm Where I Should Be"等、9曲(ボーナスを除く)と少ない印象を受けますが、ぎゅっと凝縮された印象を受けるアルバムで、聴き終えると少なさをまったく感じさせないアルバムです。


オフィシャルのSoundCloudではオリジナルの9曲をフルで試聴する事が出来ます。




10月には東京・大阪・横浜で来日公演があるそうです('-')

PAUL WELLER | UPCOMING ARTIST | CREATIVEMAN PRODUCTIONS


【注意】
今回のアルバムはCDとダウンロード盤で収録曲が違います。

上記のCDは日本盤ボーナス・トラックが2曲収録されていますが、本国のデラックス盤は日本の2曲が無い代わりに"(I'm A) Roadrunner""Dusk Til Dawn""White Sky (Prof.Kybert vs. The Moons Remix)"の3曲が収録されています。

日本ボーナスの2曲と本国ボーナスの3曲をコンプするにはamazonやiTunesのダウンロード盤を購入するしかなさそうです。



こちらだと10曲目から↓の様に収録されています。
10.(I'm A) Roadrunner
11.Dusk Til Dawn
12.White Sky (Prof.Kybert vs. The Moons Remix)
13.I Work In The Clouds
14.Praise If You Wanna

amazonの価格で書くと、11曲入りのCDが2,654円に対し、14曲入りのダウンロード盤は1,900円とかなりお安いです(*'-')


↓はiTunesの14曲入りのデラックス盤
iTunesは相変わらず100円の利益上乗せですね・・・(´・ω・`)




↓は日本盤ボーナス2曲追加のみの日本盤



2 件のコメント:

  1. Long Time カッコイイです。 ザ・ロックという感じですね~!

    返信削除
    返信
    1. "Long Time"いいですよね!
      いくつになってもロックしてるポール・ウェラーかっこいいです('-')

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...