2015年8月20日

Male / Natalie Imbruglia ('15)

今日は6年振りにリリースされたナタリー・インブルーリアの新譜を聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
01.Instant Crush / Daft Punk
02.Cannonball / Damian Rice
03.The Summer / Josh Pyke
04.I‘ll Follow You into the Dark / Death Cab for Cutie
05.Goodbye in His Eyes / Zac Brown Band
06.Friday I‘m in Love / The Cure
07.Naked as We Came / Iron & Wine
08.Let My Love Open the Door / Pete Townshend
09.Only Love Can Break Your Heart / Neil Young
10.I Melt with You / Modern English
11.The Waiting / Tom Petty
12.The Wind / Cat Stevens

コールド・プレイのクリス・マーティンがソングライトで参加した事で話題になった前作Come To Lifeから6年。
通算5枚目となる本作は、"male=男性"と付けられたタイトルから判る通り、ナタリーが好きな男性アーティストのカヴァー集です。

プロデューサーにはセリーヌ・ディオン、ジョシュ・ストーン、ジェシカ・シンプソン、ヒラリー・ダフといった芯のある女性をプロデュースするのが得意なビリー・マンが担当。

オープニング・ナンバーは'13~'14年のグラミー賞を席巻したダフト・パンクのRandom Access Memoriesから"Instant Crush"と大胆な選曲です('-')


↓はオリジナル。


オリジナルとはまた良い意味で印象がガラっと変わる好カヴァーだと思います(*'-')

この他、オリジナルを踏襲したダミアン・ライスの"Cannonball"、ブルー・グラスっぽいアレンジが面白いザ・キュアーの'92年リリース曲"Friday I‘m in Love"、オリジナルよりスロー・テンポになったピート・ラウンゼントの"Let My Love Open the Door"やニール・ヤングの"Only Love Can Break Your Heart"等、アラフォーとなった大人のナタリーによる女性らしいカヴァー揃いです。

↓で6分半に纏められたサンプル音源を聴く事が出来ます。



全体をトラディショナル・フォーク系でトーンを調整しているので全体を通して違和感なく聴く事が出来るのも良いです(*'-')


久し振りに昔のナタリーのアルバムも引っ張り出して聴いてみようかな('-')



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...