2016年3月9日

The Ballad Of Purple St. James / YahZarah ('10)

今日はヤーザラーのアルバムを聴いています('-')



曲リスト
01.Strike Up the Band
02.Why Dontcha Call Me No More
03.Cry Over You (featuring Phonte)
04.All My Days (featuring Darien Brockington)
05.Come Back As A Flower
06.Dedicated To You
07.The Lie
08.Last to Leave
09.Have A Heart
10.Change Your Mind
11.Starship
12.Shadow
13.Love Come Save The Day
14.Fast Lane  (日本盤ボーナス・トラック)
15.Chocolate Inside  (日本盤ボーナス・トラック)

ヤーザラーは、デビュー前の'98年にエリカ・バドゥのバック・ヴォーカリストとして活動、'00年にリリースされた名盤「Mama's Gun」に参加しツアーにも同行。
翌年には独自レーベル"Keo Music"からリリースしたデビュー作のHere Meは、当時流行ったオーガニック・ソウルの他ドラムン・ベースやファンクを取り入れた良盤でした('-')

'03年に2作目の「Blackstar」をリリース、7年振りとなる本作はオランダ出身のプロデューサー、ニコレイ(Nicolay)とリトル・ブラザーのメンバー、フォンテ(Phonte)のユニット”フォーリン・エクスチェンジ (Foreign Exchange)"のレーベルに移籍した通算3枚目のアルバムになります。

ジャズ・ファンクでアルバムの導入となる"Strike Up the Band"での多重録音によるヴォーカル・ワークは相変わらず上手いです('-')
続く"Why Dontcha Call Me No More"は、いきなりロック・テイストにサウンドが変化しビックリしました!
MVも面白いです(*'-')


続く"Cry Over You"はフォンテ自らラップで参加したヒップホップ・ナンバー。


他にも、70S風のスロー・ナンバーの"Last To Leave"やメロディアスなサウンドとヤーザラーのプリンスっぽい地声とファルセットを巧みに使った"Starship"、オーガニック・ソウル感満載の"Love Come Save The Say"がお気に入りです(*'-')

↓で全曲(ボーナス・トラックを除く)が視聴出来ます。





ヤーザラーと言えば、先月"プリンス vs ボウイ"の夢のトリビュート・ショウをやったけどどんなショウだったんだろう・・・

YahZarah Presents Prince vs Bowie: A Tribute Show - Tickets - Rams Head On Stage, Annapolis, MD - February 24, 2016 - NIGHTOUT

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...