My Everything / Ariana Grande ('14)

昨日書いたテイラー・スウィフトの「1989」が売れまくって今や”ポップ・クイーン”と言っても過言ではない状態になりましたね。

80年代だとマドンナとシンディ・ローパー、90年代~だとブリトニー・スピアーズとクリスティーナ・アギレラみたいに”ライバル”が居た方が貼りあいが出ると思います。

テイラー(25歳)より上の世代になるレディ・ガガ(28歳)やケイティ・ペリー(30歳)は次のステージに行きそうですよね。
そうなると下の世代って事でマイリー・サイラス(22歳)かアリアナ・グランデ(21歳)辺りがライバルになってくるのかな?

この2人ならマイリーより去年リリースした「マイ・エヴリシング」が好調なアリアナ推しです(*'-')
ギリシャ系アメリカ人というオリエンタルな雰囲気も魅力を感じますね(*^-^*)

by カエレバ
曲リスト
01.Intro
02.Problem [feat. Iggy Azalea]
03.One Last Time
04.Why Try
05.Break Free [feat. Zedd]
06.Best Mistake [feat. Big Sean]
07.Be My Baby [feat. Cashmere Cat]
08.Break Your Heart Right Back [feat. Childish Gambino]
09.Love Me Harder [with The Weeknd]
10.Just A Little Bit Of Your Heart
11.Hands On Me [feat. A$AP Ferg]
12.My Everything
13.Bang Bang
14.Only 1
15.You Don't Know Me
16.Cadillac Song
17.Too Close
18.Baby I (featuring Taro Hakase)
(13~15はボーナス・トラック、16~18は日本盤ボーナス・トラック)

オリジナル・アルバムとしては前年の「Yours Truly」に続いて2作目。
デビュー作ではベイビーフェイスやマット・スクワイアが参加していましたが、今回はテイラー同様マックス・マーティン&シェルバックやラミ・ヤコブ、ケイティ・ペリーやケイシャを手掛けたベニー・ブランコ、T.I.を手掛けたトミー・ブラウン等こちらも盤石なスタッフです。

テイラーとの違いは客演の多さ。
彼氏のビッグ・ショーンの他、イギー・アゼリア、Zedd(ゼッド)、カシミア・キャット、ドナルド・グローヴァー、ザ・ウィークエンド、エイサップ・ファーグと色んなジャンルから迎えています。

ビッグ・ショーンとイギーが参加した"Problem"はアリアナのキュートさ爆発のMVですね('∇')


ドイツのDJ、Zeddが参加した"Break Free"は映画『バーバレラ』からインスパイアを受けた様なMVでしたね。(アフロダイAの様な胸からロケットも笑えますw)


↓'68年公開のジェーン・フォンダ主演映画『バーバレラ』

ウィークエンドと共演したメロウな"Love Me Harder"も良かったです。



他にもデビッド・ゲッタがソングライトで参加した"One Last Time"やビッグ・ショーンとのメロメロっぷりがちょっとやりすぎ感もあるけど"Best Mistake"とかシングル・カットされそうですね。




可愛いだけじゃなく歌唱力も抜群なアリアナちゃん。
今後の活躍に期待したいですね(*'-')




スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿