2011年11月7日

Chalk Mark in a Rainstorm / Joni Mitchell (’88)

今日はジョニ・ミッチェルの68歳の誕生日(1943年11月7日)です。

'97年にロックの殿堂入り。
グラミー賞の受賞はモチロンの事、自らのアルバムのジャケットデザインでグラミー賞のパッケージ部門を受賞するなど画家・写真家としても多彩振りを発揮しています。
そんな彼女のアルバムの中でも異彩を放つのは「Chalk Mark in a Rainstorm(邦題:レインストームとチョークの痕)」('88)ではないでしょうか。

by カエレバ

曲名リスト
1. My Secret Place
2. Number One
3. Lakota
4. The Tea Leaf Prophecy (Lay Down Your Arms)
5. Dancin' Clown
6. Cool Water
7. The Beat Of Black Wings
8. Snakes And Ladders
9. The Reoccurring Dream
10. A Bird That Whistles (Arrangement Of The Traditional Work 'Corrina, Corrina')


なんと言っても、ピーター・ガブリエルとのデュエット・ナンバーの"My Secret Place"。
この才能と才能のぶつかり合いは当時新鮮な驚きがあり今でも好きなナンバーです。



それ以外でも異色なコラボが多数で、Michael LandauとイーグルスのDon Henleyが参加した"Lokota"と"Snakes and Ladders"、元The RevolutionのWendy & Lisaがバック・ボーカルで参加した"Tea Leaf Prophecy (Lay Down Your Arms)"、Willie Nelsonが参加した"Cool Water"、そして何より驚いたのはTom PettyにBilly IdolがバックでBillyの相棒Steve Stevensがギターで参加した"Dancin' Clown"と凄いコラボが色々収録されています。

異色な取り合わせもありますが、これはこれでジョニと豪華なゲスト陣による才能のぶつかり合いが楽しめるアルバムではないでしょうか。

ジョニを敬愛するアーティストは多く'07年にリリースされたハービ・ハンコックの「リヴァー~ジョニ・ミッチェルへのオマージュ」やトリビュート盤の「トリビュート・トゥ・ジョニ・ミッチェル」もその1つと言えます。

by カエレバ

名リスト
1. コート・アンド・スパーク feat.ノラ・ジョーンズ
2. イーディスと親玉 feat.ティナ・ターナー
3. 青春の光と影
4. リヴァー feat.コリーヌ・ベイリー・レイ
5. スウィート・バード
6. ティー・リーフの予言 feat.ジョニ・ミッチェル
7. ソリチュード
8. アメリア feat.ルシアーナ・ソウザ
9. ネフェルティティ
10. ジャングル・ライン feat.レナード・コーエン
11. ア・ケイス・オブ・ユー (ボーナス・トラック)


by カエレバ

曲名リスト
1. パリの自由人(スフィアン・スティーヴンス)
2. ボーホー・ダンス(ビョーク)
3. 夢の国(カエターノ・ヴェローゾ)
4. 悲しみはともだち(ブラッド・メルドー)
5. バラにおくる(カサンドラ・ウィルソン)
6. ア・ケイス・オブ・ユー(プリンス)
7. ブルー(サラ・マクラクラン)
8. レテ゛ィース゛・オフ゛・サ゛・キャニオン(アニー・レノックス)
9. マグダレーン・ランドリーズ(エミルー・ハリス)
10. イーディスと親玉(エルヴィス・コステロ)
11. ヘルプ・ミー(k.d.ラング)
12. リヴァー(ジェイムス・テイラー)


プリンス・ファンとしては、やはり"A Case Of You"がいいですねー
「One Nite Alone...」に収録された同曲はプリンスらしいアレンジで名カヴァー曲だと思います。







0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...