2012年7月11日

Solitude Standing / Suzanne Vega (’87)

今日はスザンヌ・ヴェガの53歳誕生日(1959年7月11日)です。

知的な歌詞とアコギの美しい音色をバックに歌う'85年のデビュー作「Suzanne Vega」で人気を博し”ネオアコ(ネオ・アコースティイク)の旗手”と言われたスザンヌ。
その2年後にリリースされた「Solitude Standing(邦題:孤独)」は彼女の地位を確立した1枚ではないでしょうか。

孤独(ひとり)孤独(ひとり)
スザンヌ・ヴェガ

曲名リスト
1. トムズ・ダイナー
2. ルカ
3. 鉄の街
4. 瞳
5. 夜の影
6. 孤独
7. カリプソ
8. ことば
9. ジプシー
10. 木の馬
11. トムズ・ダイナー (リプリーズ)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


プロデュースは前作同様、スティーヴ・アダボ、レニー・ケイが担当。
前作よりもバンド・サウンドを少し取り入れた作品で、先行シングルの"Gypsy"、そして日本でもCMで使用された"Tom's Diner"と児童虐待テーマにした"Luka"という彼女を代表する3曲の名曲が収録されているアルバムです。







この印象が強すぎて、これ以降の作品は決して成功しているとは言い難い状況ですね。

ブルー・ノートに移籍した'07年の「Beauty & Crime」で久し振りに彼女の歌声に触れましたが、これも良かったです。

ビューティ&クライム~ニューヨーク・ストーリー~ビューティ&クライム~ニューヨーク・ストーリー~
スザンヌ・ヴェガ

EMIミュージック・ジャパン 2007-07-10
売り上げランキング : 210278

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「Beauty & Crime」は歳を重ねた分だけ趣があり良質なアルバムなんですけど、やはり2ndを聴いてしまいます。

青春時代に聴いた懐かしさというのも含んでますが、インパクトが強い作品があるのも善し悪しですね・・・(´・ω・`)


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...