2013年6月3日

グランド・マスター ('13)

一昨日は映画の日だったので奥さんと一緒に「グランド・マスター」を観に行ってきました(*'-')

監督は「ブエノスアイレス」や「マイ・ブルーベリー・ナイツ」等、独特のカラーと世界観を表現するウォン・カーウァイ監督。
アクション監督には「マトリックス」シリーズでもお馴染みのユエン・ウーピンが担当。

キャストはトニー・レオン、チャン・ツィイー、チャン・チェン等豪華な顔ぶれです。



簡単にストーリーを書く(ネタバレなしです)と・・・

舞台は、1936年の中国。
北の武術界を取り仕切っていた八卦掌の”グランド・マスター”、ゴン・パオセンが引退を決意。
一番弟子のマーサンに自分が成し得なかった武術の南北統一託すも野心家だった為に破門。
思案していた所に南の武術界で詠春拳の宗師・イップ・マン(トニー・レオン)と出会い彼の心技体に感銘を受けたパオセンは後任を任す事になります。

これに納得がいかないパオセンの娘で、父から奥義六十四手を受け継いだルオメイ(チャン・ツィイー)や、破門された事に納得がいかないマーサン(マックス・チャン)等が絡み各流派の闘争が始まります。



見所は何と言っても冒頭のイップ・マンの一対多の格闘シーン!
10分程度のシーンですが、これを撮るだけでも寒い冬に1ヶ月以上時間を費やしたという気合の入れ様!

他にもマーサンVSルオメイの零下30度での格闘シーンやカミソリ(チャン・チェン)の格闘シーン等、圧倒されます(;゜д゜)


最初はイップ・マンが主役と思っていましたが、後半からはルオメイに主役を奪われています!(;゜д゜)
また、ポスターには映画「レッド・クリフ」で孫権を演じたカミソリ(チャン・チェン)が他の二人と同じ位のサイズで描かれていますが、他の二人とは殆ど絡みがありません!

この映画は主役が誰というよりも、この時代に生きた素晴らしい武術家を纏めたオムニバスで、一般的なカンフー・アクション映画というよりは”武術映画”とでも言った方がしっくりきます。

ただ”武術映画”と言っても、そこにはウォン・カーウァイ監督ならではの愛憎劇が加わった感じです(*'-')


ちなみに映画のラストの方ではイップ・マンの弟子だった子供時代のブルース・リーも少しだけ描かれています。
ブルース没後40周年となる今年に公開された本作。
7月には「ブルースリー マイ・ブラザー」の公開も楽しみです(*'-')




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...