2014年8月8日

X / Ed Sheeran ('14)

ここ数日80'S~90'Sのアーティストを聴いていたので今日は新しいアルバムを聴いてます(*'-')


曲名リスト
1. ワン
2. アイム・ア・メス
3. シング
4. ドント
5. ニナ
6. フォトグラフ
7. ブラッドストリーム
8. テネリフェ・シー
9. ランナウェイ
10. ザ・マン
11. シンキング・アウト・ラウド
12. アファイア・ラヴ
13. テイク・イット・バック
14. シャツスリーヴス
15. イーヴン・マイ・ダッド・ダズ・サムタイムズ
16. アイ・シー・ファイア
17. オール・オブ・ザ・スターズ


'12年にリリースしたデビュー・シングル"The A Team~飛べない天使たち~"、同曲を収録したアルバム「+ (プラス)」が数々の音楽賞でノミネートされたエド・シーラン。



デビュー盤が大ブレイクすると2ndへの重圧がかかり大コケする場合があるけど、この「x (マルティプライ)」は大成功のアルバムじゃないでしょうか?!('∇')

共同プロデューサーに巨匠リック・ルービンを始め、ジェフ・バスカー、ベニー・ブランコ、そして今乗りに乗ってるファレル・ウィリアムズが参加する等、豪華な布陣です('-')

楽曲もデビュー盤での実績が評価されやりたい事を思う存分やったって感じですね。

美しいアコースティック・ナンバーの"One"や"I'm A Mess"から一転、ファレル色が強いファンキーな先行シングル"Sing"やヒップ・ホップ・ナンバーの"Don't"、カントリー・テイストの"Thinking Out Loud"と聴いてて展開が楽しいアルバムです。








イギリスとアメリカではアルバムが初登場1位と絶好調のエド。

このままいけば今年・来年に行われる音楽賞でも良い結果になりそうですね(*'-')




【追記】
'15年11月に新しく”Wembley Edition”がリリースされました。


CDは一部収録曲を入れ替えた18曲+ウェンブリー・スタジアム行われたライブのドキュメンタリーDVDが収録された2枚組。

ダウンロード版はiTunes、amazon デジタルミュージック共に23曲という膨大なボーナス・トラックが収録されています。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...