2014年10月8日

Cheek to Cheek / Tony Bennett and Lady Gaga ('14)

'11年にリリースされたトニー・ベネットののデュエット・アルバム「Duets II」のオープニング・トラックを飾った"The Lady Is A Tramp"で新たな一面を披露したレディー・ガガ。



これ聴いた時”いつかジャズ・アルバム作るだろうな~”と思っていたんですが、御大を引っ張ってきてデュエット・アルバムを作るとは戦略上手ですね(*'-')


by カエレバ


曲名リスト
1. エニシング・ゴーズ
2. チーク・トゥ・チーク
3. ドント・ウェイト・トゥー・ロング
4. 捧ぐるは愛のみ
5. ネイチャー・ボーイ
6. グッディ・グッディ
7. エヴリ・タイム・ウィ・セイ・グッドバイ
8. ファイアーフライ
9. アイ・ウォント・ダンス
10. ゼイ・オール・ラーフト
11. ラッシュ・ライフ
12. ソフィスティケイテッド・レディ
13. レッツ・フェイス・ザ・ミュージック・アンド・ダンス
14. バット・ビューティフル
15. スウィングしなけりゃ意味がない
16. オン・ア・クリア・デイ (ボーナス・トラック)
17. ビウィッチド (ボーナス・トラック)
18. レディーズ・イン・ラヴ・ウィズ・ユー (ボーナス・トラック)
19. ザ・レディ・イズ・ア・トランプ (ボーナス・トラック)


全曲デュエットではなく、数曲はソロを収録したりと互いへの配慮がある所も相思相愛って感じで良いですね(*'-')

楽曲はポップス/ジャズの名曲ばかりで、先行シングルの"Anything Goes"と"I Can't Give You Anything but Love"を聴けば全曲視聴せずとも十分判りますネ。





ポップ・アルバムだとサウンドに耳が持って行かれがちですが、コレを聴けばレディー・ガガのヴォーカルの上手さが改めて判りますね。

この二人のライブ観て見たいなぁ~
(出来ればブルーノートの様な小さい会場で)



本作でそれぞれのファンが相手の音楽を聴くキッカケになるといいですね(*'-')


↑の"I Can't Give You Anything but Love"ですが、先日ジョルジオ・モロダーがリミックスを公開してました。



ジョルジオ色全開ですね!w



↓デジタルダウンロード版は700円程安いですが4曲少ないです。

Cheek To Cheek (Deluxe)
Cheek To Cheek (Deluxe)
posted with amazlet at 14.10.08
Streamline/Columbia/Interscope (2014-09-24)
売り上げランキング: 1,047


iTunesのデラックス盤はamazonのデジタル盤より1曲多いです。



3 件のコメント:

  1. KIDさん、いち早くトニーベネット&レディ・ガガのAlbum紹介されてたんですすね!
    グラミーの時みてしびれました(*^_^*)

    返信削除
    返信
    1. 返信遅れました(´・ω・`)

      グラミーのパフォーマンス良かったですねー!
      トニーの「デュエッツII」の共演がキッカケになったみたいですね。
      トニーのデュエッツ・シリーズはどれも良いので良かったら聴いてみて下さい(*'-')

      http://npg-kid.blogspot.jp/2011/10/duets-ii-tony-bennett.html

      http://npg-kid.blogspot.jp/2012/11/viva-duets-tony-bennett.html

      削除
    2. 教えてくれてありがとうです

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...