2015年2月20日

No Angel / Dido ('99)

今日は久し振りにダイドのデビュー・アルバムを聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
01.Here With Me
02.Hunter
03.Don't Think Of Me
04.My Lover's Gone
05.All You Want
06.Thank You
07.Honestly OK
08.Slide
09.Isobel
10.I'm No Angel
11.My Life
12.Take My Hand (US ボーナス)
13.Worthless (日本盤ボーナス)
14.Me (日本盤ボーナス)

'95年に兄のロロが結成したグループ”フェイスレス”に在籍。
デビュー盤「Reverence」が500万枚という好調なセールスを記録したんですが'99年にグループを脱退しソロ・デビューを果たします。

アリスタ・レコードの社長であったクライヴ・デイヴィスに見初められ、'98年のグウィネス・パルトロウ主演映画『Sliding Doors』で"Thankyou"、同じくグウィネス主演で昨年末のアメリカ公開映画『Bounce』で"Here With Me"が使用され徐々に人気を獲得。





"Here With Me"はアメリカTCドラマ『Roswell(邦題:ロズウェル 星の恋人たち)』のテーマ・ソングとしても提供されます。



極めつけはエミネムが"Thank You"をネタに使った"Stan"で一気に注目される様になります。



この曲は'00年開催されたグラミー賞でエミネムとエルトン・ジョンとデュエットした事で更に有名になりましたね。



アルバムはダイド本人と兄のロロの他にベッド・ミドラーの「Bette」で参加したリック・ノウェルズやダンカン・ブリッジマン、ユースらがプロデューサーとして参加しています。

冒頭の2曲の他にも、ハスキーなヴォーカルで中音域から高音への伸びが切なさを一層引き立てる"Don't Think Of Me"、シンプルなサウンドの中に語りかけるような歌声が美しいタイトル・トラックの"I'm No Angel"等、全体的にヴォーカルの美しさを全面に押し出した本作は聴いていて心地が良いです(*'-')





エミネムの"Stan"や最近の楽曲まで聴くのであれば'13年にリリースされたベスト盤もオススメです(*'-')

by カエレバ



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...