2015年7月11日

Nina Revisited : A Tribute to Nina Simone / V.A ('15)

今日は以前書いたニーナ・シモンのトリビュート・アルバムを聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
01.Lisa Simone: Nobody's Fault but Mine (Intro)
02.Ms.Lauryn Hill: Feeling Good
03.Ms.Lauryn Hill: I've Got Life
04.Ms.Lauryn Hill: Ne Me Quitte Pas
05.Jazmine Sullivan: Baltimore
06.Grace: Love Me or Leave Me
07.Usher: My Baby Just Cares For Me
08.Mary J. Blige: Don't Let Me Be Misunderstood
09.Gregory Porter: Sinnerman
10.Common & Lalah Hathaway: YG&B (We Are Young Gifted & Black )
11.Alice Smith: I Put a Spell On You
12.Lisa Simone: I Want a Little Sugar in My Bowl
13.Ms.Lauryn Hill: Black Is the Color of My True Love's Hair
14.Ms.Lauryn Hill: Wild Is the Wind
15.Ms.Lauryn Hill: African Mailman
16.Nina Simone: I Wish I Knew How It Would Feel to Be Free

'03年4月21日70歳で亡くなったニーナ・シモンを偲んで、米国のストリーミング・サイト”Netflix”が6月26日にニーナのドキュメンタリー『What Happened, Miss Simone?』を公開しました。
(”Netflix”は今秋日本でもサービス開始予定だそうです)


このアルバムは、ドキュメンタリーに合わせて制作されたもので、アルバムのプロデューサーにはロバート・グラスパーとローリン・ヒルが担当するという事で話題になっていました('-')

'98年のThe Miseducation Of Lauryn Hill以降、オリジナル・アルバムを制作せず、'99年のボブ・マーリィのトリビュートBob Marley Chant Down Babylon他、数回の客演程度にしか活動してなかったローリン・ヒルが急に動き出してきましたね(;゜д゜)

このアルバムでは”ミス・ローリン・ヒル”というクレジットになっています。
ローリン・ヒルと言えば夫のローハン・マーリーとの間に5人の子供がいたにも関わらず、'11年に別の男性との間に6人目の子供を出産して話題になりましたよね。
その時、ローハンから"Ms.Hill"と呼ばれた事からこうなっちゃったのかな?

まぁその辺のプライベートな事は置いといて、久し振りに表舞台に立ったのは嬉しい事で、65年の名曲"Feeling Good"を含め6曲のカヴァーを提供。


聴く側としてハードルを上げ過ぎたのか、こちらが思った以上の感動は無く素直に聴けました('-')

アッシャーやグレゴリー・ポーター等の曲も良かったけど、個人的にはジャズミン・サリバンの"Baltimore"、メアリー・J.ブライジの"Don't Let Me Be Misunderstood"、コモン&レイラ・ハサウェイの"YG&B"とかが気に入りました('-')





またニーナの娘、リサ・シモンによるブルージーな"I Want a Little Sugar in My Bowl"は、ニーナ程ではないにしろ素晴らしい歌声ですね(*'-')



ニーナの曲を聴いた事ない人も、このアルバムから逆にニーナを知って貰えそうですね(*'-')

↓で全曲フル試聴が出来ます('-')


↓のYoutubeチャンネルでも全曲視聴出来ます('-')

NinaRevisitedVEVO - YouTube




4 件のコメント:

  1. アルバムタイトルにもなったボルティモアも入っていますね。
    ニーナは、今は無き阿佐ヶ谷のジャズ喫茶、スターダストというところのママさんが信仰していて、それで影響を受けて聴き始めました。
    トリビュート盤、楽しみです。

    返信削除
    返信
    1. なるほど~昔一度だけ地元のジャズ喫茶に行った事あります。
      そういう所で新しいアーティストと出会えるのは貴重ですよね^^

      削除
  2. ちなみに、そのママさんが話していたのは、戦争帰りの軍人への慰問コンサートだったか、ニーナが歌い始めると、黒人の軍人たちが泣き始めたそうです。
    独特な歌声ですが、同胞たちに何か訴える力があるのでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 昔の歌は感情をストレートに出す曲が多かったですよね。

      当事者でないので軍人さん達の気持が判らないけどニーナの様な魂の入った歌い方をするアーティストだと余計に染み込んでくるんでしょうね。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...