2015年8月24日

Daydreaming / Morris Day ('87)

以前書いたTHE TIMEの4作+モーリス・デイ2作がリミテッド・エディションで発売!で今月やっと残りの3枚が出たので購入してきました('∇')

ちょっと聴き比べしてみましたが、2015年リマスターって事で、当時リリースされたCDよりはクリアで音圧もちょっと上がってます!('∇')


5枚もあるんでどれを書こうか悩みましたが、ザ・タイムは昨年末にIce Cream Castleを書いたので今日はモーリスの2ndを書いておきます('-')

by カエレバ

曲名リスト
1.Daydreaming
2.Yo Love
3.Fishnet
4.A Man's Pride
5.Standing On the Line
6.Are You Ready
7.Love Is a Game
8.Moonlite (Passionlite)
9.Sally


'84年、プリンスの傀儡バンド的なThe Timeが崩壊し、'85年にソロ・デビュー作「Color of Success」を早々とリリース。
同作からは"The Oak Tree"、"Color of Success"、"The Character"とシングルも順調で、R&Bチャートも7位と高評価を得たモーリス。

その2年半後にリリースされたのが本作です。
セルフ・プロデュースだった前作に対し、今作は妻のジュディスが共同プロデュースで参加。
そしてザ・タイムから一足先に脱退しジャネット・ジャクソンやアレクサンダー・オニール等の成功で名プロデューサーの肩書を手に入れたジャム&ルイスが2曲担当しています。

ジャム&ルイスが手掛けた"Fishnet""Love Is A Game"は紛れもなくThe Time時代のミネアポリス・ファンクそのもので、2人の他にもジェリービーン・ジョンソン、ジェシー・ジョンソン、ジェローム・ベントンとオリジナルのThe Timeのメンバーが華を添えています。

特にメンバーがPVに参加した"Fishnet"はR&Bチャート1位になり、モーリスの代表曲になりました('-')





昔っからのファンの心理としてはジャム&ルイスの2曲に注目が集まりがちですが、この他にも軽快なギターのカッティングが印象的なタイトル・トラックの"Daydreaming"を筆頭に、長年モーリスを支えるフリーズがソングライトに参加したベース音が心地良いファンキーなダンス・チューンの"Yo' Luv"、ホーン・セクションを強調した"Are You Ready"、8分弱という大作のバラード・ナンバーの"A Man's Pride"とセルフ・プロデュース作も前作よりも熟成が増した気がします。




モーリス名義では過去4枚リリースされてますが、個人的には本作が一番のお気に入りです(*'-')

折角リマスター版出したんだから欲を言えば↓の様なリミックスも収録してくれたら良かったんですけどね・・・・




【オマケ】
冒頭にも書いた残りのモーリスのソロとザ・タイムの情報を書いておきます。

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

by カエレバ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...