2016年3月6日

We the Generation / Rudimental ('15)

今日は昨年リリースされたルディメンタルのアルバムを聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
1. I Will For Love (feat. Will Heard)
2. Never Let You Go (feat. Foy Vance)
3. We The Generation (feat. Mahalia)
4. Love Ain’t Just A Word
5. Rumour Mill (feat. Anne-Marie & Will Heard)
6. Common Emotion (feat. MNEK & Donald Fagen)
7. Go Far (feat. Will Heard & George Clinton)
8. Foreign World (feat. Anne-Marie)
9. Too Cool (feat. Ella Eyre)
10. Bloodstream – Rudimental & Ed Sheeran
11. All That Love
12. Needn’t Speak (feat. Lianne La Havas)
13. Lay It All On Me
14. New Day (feat. Bobby Womak)
15. Treading On Water (feat. Sinead Harnet & Will Heard) [deluxe edition]
16. Run (feat. Will Heard) [deluxe edition]
17. Breath (feat. Lianne La Havas) [deluxe edition]
18. System (feat. Max Romeo, Earl 16 & Spree) [deluxe edition]

ルディメンタルはロンドン発のドラムンベース、ファンク、EDM、レゲエ等様々なスタイルを融合したアミーア・アモー(Amir Amor)、ピアース・アゲット(Piers Agget)、ケシー・ドライデン(Kesi Dryden)、レオン・ロール(Leon Rolle)によるユニットで、'13年のHomeでデビュー。

デビュー作からは"Feel the Love""Waiting All Night"の2曲が全英No.1、同じくアルバムも全英No.1となり、この年に開催されたブリット・アワードで"Feel the Love"が最優秀シングルにノミネート、翌年"Waiting All Night"が最終シングルを受賞しました。

本作は2年振り2枚目のアルバム、前作の成功で自信を付けた彼らはさらにパワー・アップ。
前作にも参加したMNEKやエラ・エアの他、'11年の"Drunk"からの付き合いのエド・シーラン、リアン・ラ・ハヴァス、ボビー・ウーマック、ジョージ・クリントン、ドナルド・フェイゲン、マックス・ロメオ等、豪華なゲスト陣も魅力です('-')

先行シングルはエド・シーランのXにも収録された"Bloodstream"で、ルディメンタル版ではサビからドラムンベース全開のサウンドにリニューアルされています。


アルバムからは既に"Never Let You Go""I Will for Love""Rumour Mill""Lay It All on Me"とシングル・カット。


彼らのMVは毎回どれもメッセージ性のある内容で今回もそれぞれ見応えがあります('-')

↓は歴代MVを新しい順にまとめられたのです。

シングル・カットされない曲ではリアン・ラ・ハヴァスがメイン・ヴォーカルを務めたレゲエちっくな"Needn't Speak"と重低音ビートとリアンの透き通ったヴォーカルの対比が面白い"Breath"、昨年6月に他界したボビー・ウーマックの現時点で最後の参加作となるファンキーな"New Day"等も良いです(*'-')



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...