2016年3月7日

Just In The Nik Of Time / Nik West ('13)

ニック・ウエストのTwitterを見てたら下のつぶやきがありました。



6月に来日しそうですね!
ニックのオフィシャル・サイトには書いてないから単独ではなく誰かと一緒に来るのかも?!

そんな訳で今日はニック・ウエストのデビュー・アルバムを引っ張り出して聴いてます('-')

by カエレバ

曲リスト
01.Wait a Minute
02.Forbidden Fruit
03.Do What You Gotta Do
04.Who's in the Mirror
05.Eyes Closed
06.Just in the Nik of Time
07.Written All Over Me
08.Black Beauty
09.Be Okay
10.Never Forget to Love
11.Black Beauty [Live] (Japan Bonus Track)
12.Forbidden Fruit [Live] (Japan Bonus Track)
13.Superwoman [Live] (Japan Bonus Track)

ニック・ウエストはアリゾナ州フェニックス育ちで、ギタリスト父親T・ウエストの影響で小さい頃からベースを弾き始めたそうです。

デビューするとユーリズミックスのデイヴ・スチュワート、エアロスミスのスティーヴン・タイラー、ジョン・エイヤーを始め数多くのアーティストの注目を浴びます。



その中にはプリンスもいて、彼女の事を”Great stage presence”と評し、後にNPG Recordsからリリースされたリヴ・ウォーフィールド(Liv Warfield)の"Why Do You Lie?"のMVに参加しています('-')



グルーヴ感満載のベースとキュートなニックのヴォーカルとコーラス・ワークが秀逸な"Wait a Minute"を筆頭に、ベース主体のシンプルなサウンドの"Forbidden Fruit"、ラテン感漂う"Do What You Gotta Do"、ネオ・ソウル的な佇まいが美しい"Who's in the Mirror"辺りからスロー・テンポの曲が続き、ジャズ・ファンクの"Never Forget to Love"でしっとりと幕を閉じます。

この頃は髪の毛も普通のアフロだったからアート・ワークと内容に特に違和感を感じないけど、今のニックを見てから聴くと驚きますねw


↓で多少曲順が違いますが試聴する事が出来ます('-')






以前紹介した最新シングルSay Somethin'も良いので良かったら聴いて下さい(*'-')

【オマケ】
上は日本盤でデビュー・アルバムは'11年リリース盤があります。
こちらはライブ・テイク3曲が未収録の代わりに"No Choice"が追加されています。

by カエレバ




【オマケ】
ニック・ウエスト、ジョン・ブラックウェル、トモ藤田さんによる最強にカッコイイ演奏!


こちらはプリンスの"Head"をカヴァー!



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...