2016年12月18日

Invention of Knowledge / Anderson/Stolt ('16)

今年は色々あって9月辺りまでは新譜が手元にあっても聴く気になれませんでした。

まぁ正確には”聴いていた”けどなんか上の空って感じでした(´・ω・`)

そんな訳で夏頃リリースされたアンダーソン/スロットのデビュー・アルバムを今頃ちゃんと聴いています('-')


曲リスト
I. Invention of Knowledge
・Invention
・We Are Truth
・Knowledge

II. Knowing
・Knowing
・Chase And Harmony

III.Everybody Heals
・Everybody Heals
・Better By Far
・Golden Light

IV.Know...
・Know...

デビュー・アルバムといっても元YESのジョン・アンダーソン(Jom Anderson)とトランスアトランティックやフラワー・キングスのロイネ・ストルト(Roine Stolt)によるユニットなんでベテラン・アーティストによるコラボ・アルバムですね('-')

バンド・メンバーにはフラワー・キングスのジョナス、マイケル、フィリックス等が参加してるので盤石な婦人です。

曲リストで判る通り、4部構成で1曲10分クラスの楽曲が3曲、第一章でタイトル・トラックの"Invention of Knowledge"は約23分にも及ぶ大作揃いです!

アルバムからは"Knowing"のMVが制作されてますが、本編は10:31ですがビデオは5:37のショート・バージョンになってます。



YES時代から天使の様なジョンのヴォーカルが大好きなんですが、72才なのにまだこんな美しい声を聴けるなんて・・・聴いてると空から一本の光が下りて来て心が洗われていきます。

ジョンのヴォーカルも素晴らしいですが、ロイネのギターも負けず劣らず美しいので効果が2倍も3倍もアップされてます(=´∇`=)



普通なら楽曲の特徴とか書きたいんですが、プログレ・アルバムは1曲だけで会話出来るもんじゃないから止めましたw

しかし今でもこんな完成度の高いプログレ・アルバムを出せるなんて・・・ほんと凄いです!


【オマケ】
ジョン・アンダーソンと言えば、YESのトレヴァー・ラビンとリック・ウェイクマンと組んだ新グループ"ARW"も気になります('-')



来年4月には来日公演も実現するそうで、アルバムも期待しちゃいますね(=´∇`=)

<UDO> Anderson, Rabin & Wakeman


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...