2012年6月29日

PCD / The Pussycat Dolls ('05)

連日暑い日と大雨が交互に来てますねぇ
我が家は先日の大雨の影響でエアコンの室外機が壊れてしまいました(´・ω・`)
業者さんに修理をお願いした所、部品の取り寄せに4日~1週間かかるらしく、暫くは冷風扇と扇風機を使って乗り切ろうと思います。

さて、今日はプッシーキャット・ドールズのメイン・ボーカル、ニコール・シャージンガーの34歳の誕生日(1978年6月29日)です。

'90年代後半からロサンゼルスのナイトクラブ「Viper Room」でセクシーなパフォーマンスをやってましたが徐々に人気が出て、映画『チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル』('03)にもエンジェル達と踊るダンサー役で出演する等活躍し始めます。



人気が出てくると当然CDデビューの話が来る訳ですが、本来の活動をやりたいメンバー等も居て数名が脱退。
加えて元々ダンサー・メインの彼女達で歌唱力はデビューする域まで達してなかったのか、歌の上手いニコール・シャージンガーやメロディ・ソーントンをメンバーに加えてデビューしたのが'05年の「PCD」です。


PCD
プッシーキャット・ドールズ バスタ・ライムス ウィル・アイ・アム ティンバランド

PCD

曲名リスト
1. ドンチャッ feat.バスタ・ライムス
2. Beep feat.ウィル・アイ・アム
3. ウェイト・ア・ミニット feat.ティンバランド
4. スティックウィッチュー
5. ボタン
6. アイ・ドント・ニード・ア・マン
7. ホット・スタッフ(アイ・ウォント・ユー・バック)
8. ハウ・メニー・タイムズ、ハウ・メニー・ライズ
9. バイト・ザ・ダスト
10. ライト・ナウ
11. テインテッド・ラヴ/ホエア・ディド・アワ・ラヴ・ゴー
12. フィーリン・グッド
13. スウェイ (日本/UK/インターナショナル盤ボーナス・トラック)
14. フラート (日本/インターナショナル盤ボーナス・トラック)
15. ウィ・ウェント・アズ・ファー・アズ・ウィ・フェルト・ライク・ゴーイング (日本/UK盤ボーナス・トラック)
16. ドンチャッ ~ライヴ・ヴァージョン (日本盤のみのボーナス・トラック)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


プロデューサーにはクイーン・ラティファ等を手掛けたロン・フェアを筆頭に、ティンバランド、バスタ・ライムズ、シー・ロー、ウィル・アイ・アム等豪華なゲストが参加しています。
デビュー・シングルの"Don't Cha (featuring Busta Rhymes)"を始め"Beep"や"Wait a Minute (featuring Timbaland)"、"Buttons (featuring Snoop Dogg)"、"I Don't Need A Man"といったヒップ・ホップ・ナンバーから、バラードの"Stickwitu"までリリースしたシングル6曲がどれも順当にヒットし、アルバムも好セールスをマーク。













またボーナス・トラックとして収録されている映画『シャーク・テイル』に使用された"We Went as Far as We Felt Like Going"もヒットするなど、デビュー作から順風満帆でした。

ただ、グループ自体はニコール+ダンサーという構図で不満が出るのかメンバーの脱退・加入が頻繁に行われています。
そんな中、昨年ニコールは初のソロ・アルバム「Killer Love: Original Pressing」をリリース。

Killer Love: Original PressingKiller Love: Original Pressing
Nicole Scherzinger

Polydor UK 2011-03-31
売り上げランキング : 51312

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


決して悪くはないのですが、ビヨンセやリアーナ程個性が強くない分、もう一息って感じでしょうか・・・

ソロだとパワー不足を否定出来ないので新規メンバーした申請プッシーキャット・ドールズで新作を期待したい所ですね(*'-')


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...