Since Yesterday / Strawberry Switchblade ('85)

mixiからアメブロに移行して1年が過ぎました。
移行と言っても、mixiだけで繋がってるマイミクさんがいるから当分止める事はないですけどね(*'-')

アメブロ移行に伴いアーティストの誕生日・命日関連で書いていましたが、ほぼ一周してしまいました('∇')
毎日”今日は誰が誕生日かな~”とか調べていたのですが、誕生日・命日基準だと誕生日が判らないアーティストの事が書けない事になります!

1年経った事ですし、今回からはランダムで書こうと思います。


・・・で、いざランダムで書こうと思うと悩みますね(´・ω・`)
取り敢えず今日は今聴いているストロベリー・スウィッチブレイドの「Since Yesterday (邦題:ふたりのイエスタディ)」をご紹介しておきます('-')


ふたりのイエスタディ +9ふたりのイエスタディ +9
ストロベリー・スウィッチブレイド

曲名リスト
1. ふたりのイエスタデイ
2. ディープ・ウォーター
3. アナザー・デイ
4. リトル・リヴァー
5. ジェイムズ・オー・ストリート10番地
6. レット・ハー・ゴー
7. 愛の疑問
8. ゴー・アウェイ
9. シークレッツ
10. 愛の疑問 (リプライズ)
11. ビーイング・コールド
12. ビューティフル・エンド (ボーナス・トラック)
13. プア・ハーツ (ボーナス・トラック)
14. エクスタシー (ボーナス・トラック)
15. ジョリーン (ボーナス・トラック)
16. ブラック・タクシー (ボーナス・トラック)
17. トゥリーズ&フラワーズ (エクステンデッド・ミックス) (ボーナス・トラック)
18. 真夜中のマイケル (ボーナス・トラック)
19. ふたりのイエスタデイ (エクステンデッド・ミックス) (ボーナス・トラック)
20. アイ・キャン・フィール (ボーナス・トラック)

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ローズ・マクドゥールとジル・ブライスンのデュオで'83年にインディーズ・レーベルから「Trees and Flowers」をリリースするも不発。
その後、WEA系列のKorovaからリリースされたのが本メジャー・デビュー作です。

トミー・ペイジや近年では日本人アーティストのChara等を手掛けたデビッド・モーションがプロデュースを担当した本作からは、全英シングル・チャート5位になったタイトル・トラックの"Since Yeserday"を筆頭に、"Let Her Go"や"Who Knows What Love Is?"等がヒットしました。







ゴスロリの様なファッションとシンセサイザーを使ったキャッチーなサウンドは日本でも受け、ロレアル化粧品やスバルのCM等に起用されました。

特に"Since Yeserday"は吉川ひなのやTommy february6等日本人のアーティストも数多くカヴァーされる辺りからも80年代を代表する1曲ではないでしょうか。



今でもバラエティとかのBGMで使用されてる所を見ると、ついつい聴き入ってしまいます^^

来日公演も行い2作目も制作中だったのですが音楽性の違いという良くあるパターンで解散。
約1年半の活動でしたが、この短い期間で与えた強烈なインパクトは今でも忘れられません。

本作は本来11曲だったのですが、'97年の再版時に+9曲のボーナス・トラックが収録されて再リリースされました。

オリビア・ニュートンジョンのカヴァー"Jolene"やデッド・オア・アライブの様な楽曲の"I Can Feel"、そして井上大輔が作曲した前述の"Ecstasy (Apple Of My Eye)"等、当時日本でのみリリースされたミニ・アルバム「ジョリーン」で収録されていた楽曲が含まれているのは嬉しい限りです!







興味がある方は聴いてみてください(*'-')



スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿