2013年3月29日

Wendy & Lisa / Wendy & Lisa ('87)

80年代に青春を謳歌した40代にとって、ここ数年は”○○周年”的な再発モノが多くて財布が大変な事になってます(´・ω・`)

プリンス関連のアーティストとしてはアンドレ・シモーンの過去3作や、Tabuレーベル関連のリマスターが続々リリース予定で嬉しいやら悲しいやら・・・

そんな中、先日ウェンディ&リサのデビュー・アルバムがボーナス・トラック付きでリリースされたので早速購入しました。


曲名リスト
1. Honeymoon Express
2. Sideshow
3. Waterfall
4. Stay
5. White
6. Blues Away
7. Song About
8. Chance To Grow
9. The Life
10. Everything But You
11. Light
12. Honeymoon Express (12” Version) –bonus track-
13. Sideshow (Extended Version) –bonus track-
14. Waterfall ’89 (Alice & Sundial Seven) –bonus track-
15. Waterfall (Psychedelic Teepee Twelve) –bonus track-


このアルバムは当時絶頂期だったプリンスのバンド”ザ・レヴォリューション”が解散した翌年にリリースされました。

バンドの顔でもあった美人のウェンディ&リサのデビュー作という事で注目された作品でもあります。
プロデュースはウェンディ&リサに加え元ザ・レヴォリューションのボビーZが参加。
ゲスト・ミュージシャンには元ザ・ファミリーのヴォーカルでウェンディの姉妹スザンナ、後にスマッシング・パンプキンのドラムを担当した弟の故ジョナサンが参加。
またリサの兄弟デヴィッドやグレイも参加し、二人のファミリーが結束した作品です。

プリンスのサウンドにも影響を与えた二人だけあって作品の完成度は文句なしです。
彼女達が共作に携わった"Mountains"の様な印象を受ける"Honeymoon Express"を筆頭に、ミディアム・ファンク調の"Sideshow"、後のアルバム「Eroica」にも繋がる"Waterfall"等、秀作が揃っています。

それぞれのPVも2人の微妙な関係を表す様な路線で良いですね~







作品の評価としてはプリンス・ファンの注目は浴びるものの、それ以上は伸び悩んでいるのが残念ですね。

とは言え、プリンス関連のアーティストとしてはシーラ・Eの次にアルバムをコンスタントにリリース(現時点で6枚)。
加えて、日本でも大人気になった米TVドラマ「HEROES」、「ナース・ジャッキー」、映画ではロビン・ウイリアムスの「トイズ」等にも起用される等、幅広い活動をしています。







最近はボビー・Zが支援するチャリティ・コンサートやプリンス・トリビュート・ライブに参加したりと活動は順調の様なので、そろそろ新作のリリースを期待したいものです(*'-')




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...