2013年5月23日

Random Access Memories / Daft Punk ('13)

買い物に出かけたついでにダフト・パンクの新譜買ってきました(*'-')

by カエレバ

曲名リスト
1. ギヴ・ライフ・バック・トゥ・ミュージック feat.ナイル・ロジャース
2. ゲーム・オブ・ラヴ
3. ジョルジオ・バイ・モロダー feat.ジョルジオ・モロダー
4. ウィズイン feat.チリー・ゴンザレス
5. インスタント・クラッシュ feat.ジュリアン・カサブランカス
6. ルーズ・ユアセルフ・トゥ・ダンス feat.ファレル・ウィリアムス ナイル・ロジャース
7. タッチ feat.ポール・ウィリアムズ
8. ゲット・ラッキー feat.ファレル・ウィリアムス ナイル・ロジャース
9. ビヨンド
10. マザーボード
11. フラグメンツ・オブ・タイム feat.トッド・エドワーズ
12. ドゥーイン・イット・ライト feat.パンダ・ベア
13. コンタクト feat.DJ ファルコン
14. ホライズン <日本盤のみのボーナス・トラック>


ナイル・ロジャース(g)とファレル・ウイリアムス(vo)がゲスト参加した先行シングルの"Get Lucky"が既に大ヒットしている本作。



前作「Human After All」から約8年振りの新作になるんですね。
まぁ'10年に「トロン: レガシー」のオリジナル・サウンドトラックを手掛けているから間が空いた気はあまりしませんね(*'-')

エレクトロ・ポップの印象が強い彼らですが、前述のナイル・ロジャースお得意のカッティングがファンキーな"Give Life Back to Music"を筆頭に、ダフト・パンクが最も敬愛するであろうジョルジオ・モロダーとの夢のコラボ"Giorgio by Moroder"(タイトルもいい!)、カーペンターズを手掛けたポール・ウィリアムズとの共演作"Touch"といった古株から、ストロークスのジュリアン・カサブランカスとの"Instant Crush"やアニマル・コレクティヴのパンダ・ベアが参加した"Doin' It Right"といった新しい世代の客演とゲスト陣がとても幅広いです。

それに応じてサウンドもより多彩になり、ファンク、AOR、ロック、ディスコ・サウンド等バラエティ豊かです。

ついでにベルリンのDJ/サウンド・プロデューサーHOUSEMEISTERによる"「GIORGIO BY MORODER"のリミックスを貼っておきます。



一見バラバラなサウンドですが、肝心の所をキチンと抑えているので違和感がありません(*'-')


ダフト・パンクと言えば、彼らの代表曲"One More Time"でヴォーカルを担当したプロデューサーでシンガーのRomanthonyことアントニー・ムーアが7日に死去しました。



ご冥福をお祈りします。


【追記】
ダフト・パンクがF1のロータス・チームのCMに出演していました(*'-')





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...