2016年2月21日

Livin' On A High Note / Mavis Staples ('16)

今日はメイヴィス・ステイプルズの最新盤を聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
01.Take Us Back
02.Love and Trust
03.If It's a Light
04.Action
05.High Note
06.Don't Cry
07.Tomorrow
08.Dedicated
09.History Now
10.One Love
11.Jesus Lay Down Beside Me
12.MLK Song

「One True Vine」から約2年半振り、ソロとしては14枚目のアルバムです(*'-')
前作ではジョージ・クリントンやジェフ・トゥイーディー等の楽曲を歌っていましたが、今回もバラエティ豊富で、本作をプロデュースしたマシュー・ウォードが提供した2曲以外、ベン・ハーパー、ニック・ケイヴ、ジャスティン・ヴァーノン、ヴァレリー・ジューン、アロー・ブラック等、バラエティの富んだアーティストが提供しています。

↓は本作のプロモーション動画です。メイヴィスがノリノリでアルバムの紹介をしています!w



ノイジーなギター・サウンドもカッコイイ"Take Us Back"を筆頭に、ベン・ハーパーらしい泥臭いサウンドの"Love and Trust"、メンフィス・サウンドの新星ヴァレリー・ジューンによる"High Note"、軽快なサウンドとメイヴィスの歌声が春の陽気にピッタリ合いそうな"Tomorrow"、マシュー・ウォードによる牧歌的なラストの"Milk Song"・・・
数多くのソングライターが参加すると収集つかない感じになりがちですが、全てメイヴィスのカラーになって綺麗に纏まってる辺りは彼女のヴォーカル力、そしてマシューのプロデュース能力の賜物だと思います('∇')

↓で全曲視聴出来ます。



メイヴィスと言えば、今月29日に米ケーブルTVのHBOでドキュメンタリー『Mavis!』が放送されます。


ステイプル・シンガーズの頃から現在までの活動をボニー・レイット、チャック・D、ボブ・ディラン等がインタビューで出演します。
モチロン90年代に手を差し伸べたプリンスも出演!どんな話をするんでしょうね~!('∇')

【補足】
現時点では「Livin' On A High Note」のiTunes版は販売されていませんでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...