2016年2月4日

This Is Acting / Sia ('16)

今日はシーアの新譜を聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
1.Bird Set Free
2.Alive
3.One Million Bullets
4.Move Your Body
5.Unstoppable
6.Cheap Thrills
7.Reaper
8.House On Fire
9.Footprints
10.Sweet Design
11.Broken Glass
12.Space Between
13.Alive (AFSHeeN Remix) (日本盤ボーナス)
14.Alive (Boehm Remix) (日本盤ボーナス)
15.Alive (Cahill Mix) (日本盤ボーナス)

'14年の「1000 Forms of Fear」が第57回グラミー賞で主要2部門含む4部門にノミネート、特にダンサーのマディー・ジーグラーを起用したシングル"Chandelier"のMVは11億回も再生され程注目されましたね~


これだけ注目されると次作へのプレッシャーでナカナカ新作を出さないアーティストがいますが、1年半という短いペースでリリースする辺り、やはりビヨンセやリアーナ、マルーン5等大物に楽曲提供をしている実績も含め自信に繋がっているんでしょうね('-')

プロデューサーは前作も担当したジェシー・シャトキンやグレッグ・クリスティンの他、カニエ・ウェストやドレイクやリル・ウェイン等を手掛けるT-マイナス等が参加しています。

本作の特徴は、元々他アーティストの為の提供曲だったものの実現しなかった楽曲を集めたものらしく、先行シングルの"Alive"は元々アデルに提供する楽曲でアデル本人も共作にクレジットされています。
千葉県で撮影された空手少女の高野万優ちゃんが延々と型を披露するMVは既に3千万回再生され"Chandelier"同様注目されています。


"Bird Set Free"は、映画『ピッチ・パーフェクト2』に提供予定だったがボツになり、その後リアーナ→アデルと却下されたと言われる一曲です。


そう思って聴くとリアーナに似合いそうな楽曲ですね!
ちなみに『ピッチ・パーフェクト2』でボツになった代わりにジャシー・Jが歌った"Flashlight"を提供しました('-')

他にもカニエ・ウエストと共作した"Reaper"、テイラー・スウィフトに提供したジャック・アントノフとの共作による"House On Fire"、ドゥルー・ヒルのSisqoやティム&ボブそしてデズモンド・チャイルドといった90SR&B勢と共作しているダンス・チューンの"Sweet Design"等、話題になりそうな楽曲が揃っています。

↓で全曲視聴出来ます('-')


シーアの多作ぶりを体感出来る本作を聴く程”あーコレはあの人に提供するつもりだったのかな・・・”なんて想像を膨らませる楽しみもありますね(*'-')



2 件のコメント:

  1. ChandelierのMVも印象的でしたがAliveもいいですね~!
    日本人を採用したところも嬉しいMVです。
    高野万優ちゃんカッコイイなぁ。

    返信削除
    返信
    1. 高野万優ちゃんカッコいいですね!(^-^)
      他の曲も良いので今年の注目作として年末の音楽賞を受賞するかもですね!

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...