2016年3月3日

Loopified / Dirty Loops ('14)

夕方買い物するのに出かけたので久し振りにダーティ・ループスを引っ張り出して聴きました('-')

by カエレバ

曲リスト
Disc 1
01.Hit Me
02.Sexy Girls
03.Sayonara Love
04.Wake Me Up (アヴィーチーのカヴァー)
05.Die For You
06.It Hurts
07.Lost In You
08.Take On the World
09.Accidentally In Love
10.The Way She Walks
11.Crash and Burn Delight
12.Roller Coaster (ジャスティン・ビーバーのカヴァー)
13.Automatic (宇多田ヒカルのカヴァー)
14.Got Me Going

Disc 2
01.Circus (ブリトニー・スピアーズのカヴァー)
02.Rolling In the Deep (アデルのカヴァー)
03.Baby (ジャスティン・ビーバーのカヴァー)
04.Just Dance (レディー・ガガのカヴァー)
05.What Makes You Beautiful (ワン・ダイレクションのカヴァー)
06.Ta Fete (ストロマエのカヴァー)
07.Where's the Beat
08.Afterglow

スウェーデン出身のジョナ[Jonah](Vo,Key)、ヘンリック[Henrik](Bass)、アーロン[Aaron](Drums)の3人は、スウェーデン王立音楽アカデミー在学中にバンドを結成。
アデルやジャスティン・ビーバー等のメジャーなアーティストの楽曲をカヴァーしてYoutubeにアップした所、その動画がデイヴィッド・フォスターの目に止まり1年間交渉した後にデビューというシンデレラ・ストーリーの様な経歴の持ち主です。

↓の公式チャンネルにあるのカヴァー動画を見れば一目瞭然ですが、日本のフュージョン・バンドの様なアレンジ、そしてなにより3人共演奏が超絶上手いです!


カシオペアやT-スクウェアなんかが好きな私にとっては、この日本っぽいアレンジはすっぽりツボに入りましたw
(来日インタビューで”カシオペアをカヴァーしたい”と言った位だから本当に好きなんでしょうね)

テクニックもさることながらジョナのシャウト気味に歌うヴォーカルはどこかスティーヴィー・ワンダーを彷彿させます。

カヴァーでは日本盤にのみ宇多田ヒカルの"Automatic"が収録されてます。
日本の楽曲をカヴァーすると1曲だけ浮いてアルバムを台無しにしがちですが、コレは他の楽曲と違和感を感じさせないアレンジで凄いです('∇')


こう書いてしまうとカヴァー・バンドみたいな感じに取られますが、デビュー・シングルの"Hit Me"を含めオリジナルも良いです(*'-')


ちなみにこのアルバムは冒頭12曲(日本は14曲)収録で'14年4月にリリース。
今回紹介したのは半年後にリリースされたコンプリート盤で『ジョジョの奇妙な冒険』でお馴染みの荒木飛呂彦氏がカヴァー・アートを手掛けています。

これもまた半年でボートラ付きとかほんと酷いですねぇ(´・ω・`)



下の通常盤はブリトニーやアデルのカヴァーは未収録です。
補完するには「Covers-EP」が必要になりますが、両方買っても未収録が出ちゃうので結果的にはコンプリート盤がオススメです(*'-')





0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...