2012年5月3日

Christopher Cross / Christopher Cross ('79)

今日はジェームス・ブラウンの誕生日なのですが、JBは命日の時に紹介したので今日は別のアーティストをご紹介します。

という事で、今日はクリストファー・クロスの61歳の誕生日(1951年5月3日)です。

クリストファー・クロスと言えば80年代に活躍したアーティストで、ボズ・スキャッグスやボビー・コールドウェル等にも代表されるAORの旗手の1人です。
子供の頃、日本に住んでいた事もあって親日家で、来日の際はよくテレビに出ていたのを思い出します。

クリストファーと言えば、やはり'79年のデビュー作「Christopher Cross (邦題:南から来た男)」ですねー!

南から来た男南から来た男
クリストファー・クロス

曲名リスト
1. セイ・ユール・ビー・マイン
2. 愛はまぼろし
3. スピニング
4. もう二度と
5. 哀れなシャーリー
6. 風立ちぬ
7. ライト・イズ・オン
8. セイリング
9. ジゴロの芸人

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トレード・マークのフラミンゴをあしらったシンプルなジャケット。
当初は顔出しをしなかったので”どんな人”なのかさっぱり分からない状態でした。

プロデューサーは、ディオンヌ・ワーウィック、ロッド・スチュワート、ピーター・セテラ、マイケル・ボルトン等を手掛けるマイケル・オマーティアンが担当。
正確には本作の"Sailing"がグラミーで5部門を独占。アルバムも最優秀アルバムを獲得した事で大物プロデューサーになったと言っても過言でないかと思います。



柔らかなサウンドと天使の様なハイトーン・ヴォイスが魅力的で、前述の"Sailing"を筆頭に"Ride Like the Wind (邦題:風立ちぬ)"、"Never Be the Same"、"Say You'll Be Mine"、そして日本独自企画だった"Mary Ann"と、このアルバムから5曲もヒットしています。









本作が大ヒットした事でクリストファーが姿を現した時は歌声と体型のギャップでビックリしました!

この成功を機に映画『ミスター・アーサー』やL.A.オリンピック公式アルバムに参加。
自作のアルバムも定期的にリリースし、'08年にもアンプラグド・アルバム「The Café Carlyle Sessions」をリリースし、息の長い活動をしています。

Cafe Carlyle Sessions: Definitive Greatest HitsCafe Carlyle Sessions: Definitive Greatest Hits
Christopher Cross

Absolute UK 2009-01-25
売り上げランキング : 75711

Amazonで詳しく見る by G-Tools


ちなみに上記で紹介したデビュー作は先月リリースされたSHM-CDで初のリマスター。
そして前述の日本独自でヒットした"Mary Ann"が初CD化された貴重なアルバムです。

私もコレに買い直ししようかなと思ってます(*'-')

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...