2014年10月3日

「ART OFFICIAL AGE」と「PLECTRUMELECTRUM」は日本盤が絶対良い!

アルバムを聴く際、プロデューサー、ゲスト・ミュージシャン、ソングライト等が知りたいのでブックレットは必須です。
ですからダウンロード版しかない場合を除けば100%CDを買います。
最近はデジタル・ブックレットなんてものがついてますが好きではないです(´・ω・`)

デジタル化については書籍の”デジタル vs 紙”みたいな所があるでしょう。
私は紙で読んだ方が頭に入り易いんですよね・・・
ブックレットを一元管理出来ればいいけれど、そうじゃない場合は”あれ何だったっけ・・・”って思った時も紙の方が探すのが早い気がします(*'-')


CDを買う場合は、輸入盤と日本盤がリリースされるなら余程の事がない限り日本盤買います。
輸入盤のCDを買うのはオリジナル盤を持ってるアーティストのベスト盤の時位かな?!
(それでも収録曲が日本独自の場合があるから吟味して選択しますけどね)

日本盤を買う理由にはボーナス・トラックもありますが、同じ位重要なのが訳詞とライナーノーツです。
洋楽って楽しいそうに歌いながら凄く悲しかったりメッセージ色の強い内容だったりするので訳詞読んで”え~!こんな事歌ってたんだ”って場合がよくあります。
プリンスは独特の世界観があるので訳詞だけでは読み解けない事もありますが、あるとないのとでは大違いですね。

ライナーノーツも同じです。
私が高校生の頃はネットも普及しておらず、少ない洋楽誌のレビューやラジオ・TV等が頼りでしたので、アルバムに付属されたライナーノーツはアーティストを知る為に最も貴重な情報源でした。
今ではネットの普及でヘタすれば古い情報になってしまう場合もありますが”このアルバムが出た時の情報”と歴史的価値みたいなものは非常に大きいです。


「ART OFFICIAL AGE」を手掛けた西寺郷太氏のレビューは、プリンスを知らない人にとっては彼を知る便利な年表として読む事が出来ますし、ファンにとっては本アルバムでのプリンスの思惑が非常に丁寧に判り易く書かれているレビューだと思います。
なにより、プリンスの意向で歌詞カードが無い状況を引用しつつ解説するという裏技は只々感服するばかりです。ヘタすれば変な訳詞付けられるより有難いかもしれません!
今回の訳詞も良かったので本当は今井スミさんによる全曲訳詞も読みたかったな・・・
個人的には友達のTUNAさんが協力者としてクレジットされてるのが嬉しいです('∇')


アート・オフィシャル・エイジアート・オフィシャル・エイジ
プリンス

ワーナーミュージック・ジャパン 2014-09-30
売り上げランキング : 212

Amazonで詳しく見る by G-Tools


「PLECTRUMELECTRUM」を担当された内本順一氏のレビューも素晴らしいかったです。
初めてこのアルバムの聴く人にとって最大の謎は3RDEYEGIRLの3人の略歴とプリンスと3人の力関係だと思います。
定期的に彼女達の事を書いてる私も忘れちゃうので、このレビューは本当に助かります('-')
各曲毎の解説も読み易く、「AOA」で消化不良に終わった今井スミさんの訳詞が全部見れるのも良いですね!

プレクトラムエレクトラムプレクトラムエレクトラム
プリンス&サードアイガール

ワーナーミュージック・ジャパン 2014-09-30
売り上げランキング : 238

Amazonで詳しく見る by G-Tools


両方共通している事は”プリンスが好き”ってのが全面に出てる事ですね。
好きが故に、読み手と共感出来たり”イヤ俺はこう思う”とか色々思わせる文章は読んでて楽しいです(*'-')

ただ残念なのは「AOA」のブックレットが無い事!これは本当に痛い!!
こればっかりはプリンス本人が渡さないんだからどうしようも無いのだけれども、プリンス以外のヴォーカルが入っていたりするので詳しい情報を知りたかったんですけどねぇ・・・
まぁwikiやら今後発売される音楽誌を見るしかなさそうですね。

今回時間差で聴いて改めて冊子の魅力を体感出来て良かったです(*'-')


【アナログ盤(輸入盤)】
Art Official Age [Analog]Art Official Age [Analog]
Prince

Imports 2014-10-07
売り上げランキング : 1530

Amazonで詳しく見る by G-Tools


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...