2014年10月26日

Change of Heart (Original Album and Rare Tracks) / Change ('12)

昨日のアンジー・ストーンに続いてまたもショック・・・

チェンジの「チェンジ・オブ・ハート」もレア・トラックが収録されたバージョンがリリースされていたのを見つけました(´・ω・`)

Change of Heart (Original Album and Rare Tracks)
New Fresh Records (2012-02-03)
売り上げランキング: 81,856


曲リスト
1.Say You Love Me Again
2.Change of Heart
3.Warm
4.True Love
5.You Are My Melody
6.Lovely Lady
7.Got My Eyes On You
8.It Burns Me Up
9.The Change Medley (Maxi 12" Inch.)
10.Change of Heart (Special Extended Mix)
11.You Are My Melody (Single Version)
12.It Burns Me Up (Single Version)
13.Change of Heart (Single Version)
14.Say You Love Me Again (Single Version)
15.Change of Heart (Alternate Dance Version)

このアルバム、'00年にワーナー・グループの「ブラコン探検隊」という企画で初CD化。
その時は冒頭から8曲まで収録されました。
次に'11年にBig Breakからリリースされた際に赤字部分の11,12,13,15が追加。
3度目になる本作で赤文字部分が追加されました。

ちなみにアンジー同様ダウンロード版のみの様です。
時流なんでしょうけどCDでリリースしてくれないのかな・・・(´・ω・`)

愚痴ってしまいましたがアルバムの紹介も書いておきます('-')

チェンジはジャック・フレッド・ペトラスとマルロ・マラヴァシを中心としたグループで'80年にデビュー。
デビュー当時にはルーサー・ヴァンドロスが在籍し、ルーサーが歌った"The Glow Of Love"等をヒットさせました。(ルーサーは'81年に脱退)

本作は'84年にリリースされた通算5枚目にあたるアルバムで、それまでプロデュースをしていたジャックとマルロがエグゼクティブ・プロデューサーになり、代わりに当時売り出し中だったジャム&ルイスを抜擢した作品です。

ジャム&ルイスが全曲をプロデュースした本作(一部メンバーのティミー・アレンがコ・プロデュースでも参加)はSOSバンド辺りを彷彿させる80年代中期の彼ら独特のサウンドを聴かせてくれます。

スロー・バラードでキラキラとしたシンセ・サウンドの"Say you Love Me Again"からスタートし、一聴しただけならSOSバンドと間違ってしまいそうなコーラス・ワークとソリッドなシンセ・ベースの効いた"Change Of Heart"、"Warm"ではベースのカッティングが彼ら独特のサウンドを展開したアップでこれも良いです。





"You Are My Melody"で聴かれる低音ヴォーカルと女性コーラスのバランスなんかはアレキサンダー・オニールを思い出してしまいます。



80年代のジャム&ルイスが好きな方にはお奨めの1枚です('∇')





曲数が少なくてもCDが良い方は冒頭に書いた↓のBig Break版がオススメです(*'-')

by カエレバ


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...