2016年2月17日

Skin on Skin / Vanity ('86)

今日もヴァニティ追悼と言う事で'86年にリリースされた2ndアルバム「スキン・オン・スキン」を聴いています('-')

by カエレバ

曲リスト
1.Under the Influence
2.Manhunt
3.Romantic Voyage
4.Confidential
5.Animals
6.Skin on Skin
7.Gun Shy
8.Ouch
9.In the Jungle

プリンスの元を去った後、モータウン・レコードと契約。
映画『Purple Rain』が上映された'84年に当てつけの様にソロ・デビュー・アルバムWild Animalをリリースします。
翌'85年にはモータウンの創設者ベリー・ゴーディ・プロデュースによるB級カンフー映画The Last Dragonに楽曲提供+役者として出演。


この翌年にリリースされたのが本作で、このアルバムがソロ名義としては最後のアルバムになります。

プロデューサーはチコ・デバージ等を手掛けたスキップ・ドリンクウォーター、エリサ・フィオリオやザ・ジェッツそして映画『ステイン・アライブ』に楽曲を提供したトミー・ファラガーが参加しています。
ソング・ライターにはシーラEのアルバムにも参加しているJ.P.チャーリーズやシーナ・イーストンに提供しているマーク・ホールディング等が参加。

注目はシングル・カットされたオープニング・ナンバーの"Under the Influence"で、日本でも大ヒットした"C'est La Vie"を歌ったロビー・ネヴィルがソングライトで参加しています。


アルバムからは"Animals"もシングル・カットされました。
(下の動画は"Under the Influence"とのメドレーで"Animals"は5:30頃から歌います。)


この他、マドンナの"Open Your Heart"的な"Manhunt"、ロビー・ネヴィルによるキャッチーなダンス・ポップ"Confidential"、ラテン・テイスト満載な"In The Jungle"等、全体的に当時流行った明るいポップ・ナンバーで構成されてます。

エロティック路線から脱却したかったのかもしれないけど、聴く側としてはどうしても元ヴァニティ6のセクシー路線が頭から離れないから、大成功とまではいかなかったですね(´・ω・`)

現時点で「Wild Animal」も含めてCDが無い状態です。
どちらもモータウン・レコードなのでいつかCD化されるといいんですけどね~('-')


【オマケ】
上で書いた映画『The Last Dragon』のサントラは地味に良いです(*'-')

by カエレバ

曲リスト
01.The Last Dragon / Dwight David
02.7th Heaven / Vanity
03.Star / Alfie
04.Fire / Charlene
05.The Glow / Willie Hutch
06.Rhythm Of The Night / DeBarge
07.Upset Stomach / Stevie Wonder
08.First Time On A Ferris Wheel / Smokey Robinson,Syreeta
09.Peeping Tom / Rockwell
10.Inside You / Willie Hutch

ヴァニティ以外ではスティーヴィー・ワンダー、デバージ、スモーキー・ロビンソン、ロックウェル・・・とモータウンのアーティストが全面協力しています。
中でもデバージの"Rhythm of the Night"は当時大ヒットしましたね!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...